個性的なウールでコート

1月に日暮里で買ったイタリア製の個性的なウール。

_DSC0082_20170126134151054.jpg

「柄がにぎやかだからトップスだとうるさい?」
「やっぱりスカートかな〜?」 と
洋裁教室の先生にリクエストしたら、

「えーっ! そんな面白い柄、スカートにしちゃうなんてもったいないよ!
 ストールとか羽織ものにすれば?
 だって、ほら体に巻き付けてごらん?」
って言われて巻き付けたらば、確かに。
ゆらゆら揺れるととても可愛い。


でも、ストールって意外と使い勝手が悪い?(わたし個人的には)
おしゃれに巻けないし、コーディネートも難しそうだし
スースー寒いし。結局荷物になっちゃうし。


ということで長くなりましたが 
結局さっと羽織れるこんなコートが完成!

_DSC0016_2017032516170533a.jpg
前ボタン開き。 袖はあえての七分袖。

後ろ姿もとてもシンプル。
_DSC0018_2017032516174829b.jpg
柄合わせは布がギリギリだったので適当に。
でも何となくあってるかんじ?

ポケットも付いてます。
_DSC0003_20170325161745a8f.jpg
このポケット、前にもやった「ステッチの入らない方法」でぷっくり仕上げ。(
(裏返して伸ばしながら縫います。ニットだから縫える方法)
_DSC0002_20170325161743547.jpg

ボタンホールはハト目で。(洋裁教室で開けてもらいました)
_DSC0011_201703251617465b9.jpg

この布、透ける素材なのですが(袖のところ分るかな?)
今回はあえて裏地なしで。 透けて着るかんじで。
_DSC0025_20170325163411afa.jpg

なので、縫い方を色々考えました。
ロックミシンだともちろん透けちゃうし、
袋縫いだと柄のフェルトの部分が厚みがあって袋に入らないだろうし。。。
ということで折り伏せ縫いに。↓脇に線が入ってます。
_DSC0015_201703251632488dd.jpg

裏から見ると布の厚みがある部分はポコンとなっちゃうけど↓
きちんと中に縫い目が入ってるからOK!
こういう生地の時は気にしないことにします(^ー^)。
_DSC0006_20170325163243899.jpg

折り伏せ縫い、裏から縫ってもよくない?と思ってたけど
こういう時 やっぱり表から縫うのが正解なんだなぁ〜と気付く。

裾もロックミシンをかけて三つ折りにして手縫いで。
_DSC0008_20170325163245f23.jpg

なるべく表にステッチが入らないようにしたから
ふんわりした雰囲気になってよかった♪

ロックミシンか、袋縫いか、折り伏せか。
布の特徴とか完成した時の雰囲気とか。
色々作る前に想像するのって、本当に大切だなぁ。
(先生がほとんど考えてくれてるんですけど^ー^;)


レトロな雰囲気のコート。
すごく個性的だけど 実はとても気に入ってます。
_DSC0030_20170325165034819.jpg

「世界に1枚しかないよ、このコート。ふふふ^ー^」
先生の言う通りかも。

上手く着こなせるかな?


ウールだけどすごく軽くて暖かい。
厚手のコートを手放すこの季節にぴったり。

東京の桜は開花したけど
わが家の周りはまだまだツボミ。
早く咲かないかな〜♪


この記事へのコメント
2400. chocotto*   URL  2017/03/25 20:48 [ 編集 ]
うわー、あの生地が、これまた、素敵になってるー!!!ほんとね、ほんとね、先生ってすごい。スカートより、これ、正解ですね?!
わたしのイメージでは、先日まで見てた「カルテット」のもたいまさこさんが着ていそうなイメージです!(和風な顔立ちのもたいさんでも、堂々、似合ってしまいそうな、素敵柄ってことー!)
すごいなぁ。 パターンも、スッキリしているから、柄の個性を生かしてるよね!

縫い方の色々のアドバイスも、すごいですね。
さすが、先生です。
今くらいの季節って、いつも、上に何を着ていいか悩むから、こういう薄手のコートは使えますね!!いいな!
2401. fujiko   URL  2017/03/26 15:25 [ 編集 ]
☆chocotto*さん☆
あの時の生地、こんなんなりました〜(^ー^)。
スカートだと少しハリがなかったからコートにして
正解だったかも。しかも裏地なしにしたから楽チン♪
カルテットのもたいさん!
「かもめ食堂」のマリメッコの服ももたいさんが着ると
すごく独特な素敵な雰囲気でしたよね。
わー♪ 嬉しいな! 

縫い方、なんで袋縫いじゃないんだろう?って思いながら
裁断してたんだけど、縫い始めて納得。
袋縫いだとフェルトの分厚いところが歪んで表にひびくー。
さすが先生ですねー。 
春っていつも何を着ていいのか迷うんだけど
前回のコートと今回のコートで色々着回せそう。
というか、こればかり着てしまいそうです(^ー^)。
2402. kokonteiimasuke   URL  2017/03/28 09:34 [ 編集 ]
こんにちは。
MOMOさんで見た時は、三人とも(だよね?)スカートって思ってたのに、コートがしっくりきてる。着画だとワンピースにも見えて、それもまたかわいいな。先生の想像力というか、布を見極める力というか、本当にすごい!
でも、この生地改めて見ると、透ける部分あり、フェルト部分ありで、縫うのがすごく大変そう。折り伏せを表から縫うって以前にも伺ったけど、私には無理ーって思ってました。でも、今回の話だと、表面を綺麗に見せるためのベストな方法ってことなんですね。(そうはいっても、fujikoさんなら裏側も綺麗に縫われてそうだけど。)まずはパジャマとかで練習してみようかな。

今日からまた春っぽい陽気が戻ってきましたね。我が家の周りも桜まだまだなんですけど、この暖かさで一気に開いてくれるかな。
2403. fujiko   URL  2017/03/28 18:55 [ 編集 ]
☆kokonteiimasukeさん☆
kokoさん、こんにちは。
MOMOさんで見たとき(3人でしたよ〜)、
3人ともスカート!って言ってましたよね。
わたしの中でも70年代風のスカートが頭の中で
もう完成しててコートって言われたときはビックリでした。
でも揺れるかんじはやっぱりコートで正解!
先生、縫い方といいデザインといいさすがです。

この生地ね、直線縫いは全く問題ないんだけど
折り伏せ縫いで重なる部分、フェルトが分厚くて〜。
これを裏から縫ってたらきっと表はボコボコだろうな。
裏側はもう、見せられたものではないー。
写真は比較的綺麗なところを撮ったというずるっぷり(笑)。
表から縫う時のコツ、先生曰く
①まずは縫い代どおりきちっと縫う。(くるむ幅が均一になる)
②しつけをする。
③表から段付き押さえを使って均一に縫う。
だそうです〜。 
これさえ守れば裏を見ても縫い落ちてないし、
表も均一で綺麗に。ぜひぜひやってみてくださいねー。

都内の桜は今週末がいいかんじかな?
今年は駒込の六義園のしだれ桜が見たくって。
行けるといいなー♪
管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
http://fujiko0707.blog.fc2.com/tb.php/416-83783b77
プロフィール

fujiko

Author:fujiko
洋裁や日々のこと


☆ブログ掲載写真の無断使用は
 お断りさせていただいて
 おります☆

最新記事
最新コメント
最新トラックバック

月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム

RSSリンクの表示
リンク