物との付き合い方

12月ももうすぐ中旬になりますね。 

クリスマスももうすぐだなーってウキウキしつつも
そわそわ落ち着かない今日この頃です。


今回は洋裁ネタではなく暮らしネタ。
よろしかったらお付き合いください。


今年は「物との付き合い方」の本がたくさん出ていましたねー。
バンバンお捨てなさい、的な本が。
ミニマリスト(必要最低限な物しか持たない人)って言葉も
よく聞きました。

面白いなー。
つい何年か前までは収納の本がすごく流行っていました。
収納方法は分ったけど物が多すぎなんだ!
物を減らさねば!って流れなのかなー?
確かに! わたしも物を減らしたいと思って

春ぐらいからこの4冊を図書館で借りて
物との付き合い方、自分なりの方法を探っていました。

ゆるりまい _DSC0028_20151208130046a6d.jpg
20151208132321f3f.jpeg 2015120813231680e.jpeg

自分に合う方法が何となく分ってきて
夏過ぎくらいから実践。
年の瀬のこの季節、大掃除とか忙しいけど
今年は何となく落ち着いているような?
(いつもは物の管理、処分、手入れに追われている)

長くなりそうなので 記事たたみますね。
本の内容とか(個人的な意見だけど)もし興味があったら
時間がある時に続きをのぞいてみてくださいね。


まず初めに読んだのがこちら。
ゆるりまい

ゆるりまいさんの本。
ほんっとに家の中に何もない!!
ってご本人のブログで見てびっくり。
究極のミニマリストなのでは?


さっそく同じように家の中の不要品を片っ端から
処分してみました。
すごく家の中がすっきり。
収納も7割くらいなので物の出し入れも把握もしやすい。

でもゴミを出すときの罪悪感がものすごい!!
(どうしてこんなの買っちゃったんだろう?)
(これってお金に換算したらいくらだろう?)
(わたし、地球に優しくない・・・)

あとね、捨てることが快感になってくると
「何か捨てる物はない?」って
家の中を徘徊して歩くようになるの!!(笑)。


この2つの現象↑はゆるりさんも本に書いてあったとおり。
ずっと続けるというより
年末の大掃除の時、とか衣替えの時に有効なのかな?


で、次に読んだのが今年ベストセラーになった本。
_DSC0028_20151208130048ada.jpg
タイトルの「フランス人は10着しか服を持たない」に
すごくインパクトがありますが

内容は「フランス人は間食をしない。
    せっかくの食事をきちんと美味しく食べるため」とか
生活全般、フランス人は無駄がないですよ。ってかんじのもの。


ちょうど本を読んでいるときに、テレビ番組で
「本当にフランス人は10着しか服を持たないのか?」って
フランスの家庭に調査をする面白い企画があったんだけど
フランス人の持っている服の平均枚数は80着(オールシーズンで)。

10着ってことはなかったけど、
ほとんどの人が自分の持ってる服をきちんと把握していて
手入れと管理がゆきとどいている。

すごく感心して、真似したいなってかんじでした。


3冊目に読んだこちらは一番すっと入ってくる内容の本。
20151208132321f3f.jpeg
モノに振り回されず、
自分の相棒といえるようなモノとだけ暮らしていく生活のコツ
が書かれている本。
「ムリに最低限の持ち物で生活したりしない。
 物欲をおさえすぎるのもよくない。
 買う時は計画的に楽しんで!」って内容に納得。


そして最後がこちら。 つい先日読み終えたもの。
2015120813231680e.jpeg

もう、これは究極の持たない暮らしかも?
冷蔵庫もない、洗濯機もない、エアコンもない。。。
昔の人のように洗濯物はたらいで洗い、
食べ物は必要な時に買って来たり、保存食を活用したり。

わたしにはムリだわ、って思ったけど
書いている内容にはなるほどーって思う内容もあったり。
(エアコンなどに頼りきって体を甘やかすとどんどん退化するから
 季節に合った生活の工夫をしましょう)とか。



4冊読んで思ったのは自分に合った方法を探るのが
1番いいのかな? ってこと。

私には3冊目の金子由紀子さんの本が合っていそう。

ちょうどそんな時に買った天然生活にも金子さんの特集が。
20151208132322b50.jpeg

20151208132343c69.jpeg 20151208132344a5d.jpeg

生活はスッキリとしつつも
自分に必要な楽しい物(私の場合は布や服)は少し甘く。

計画を立てて買う時は楽しんで買う!
(これは今年、すでに実行中。)


「自分の相棒といえるようなモノとだけ暮らしていく生活」
実現できたら毎日気持ちがいいだろうなー。


来年はもっとスッキリ暮らしたいです。


この記事へのコメント
2147. chocotto*   URL  2015/12/10 09:40 [ 編集 ]
おはようございます! 最初の本、「捨てるものはないか、徘徊してしまう」のくだり、「うんうん、わかるー、今のわたしー」って、うなづいてしまいました。家の中、這いずりまくってます(笑)(そして、実家にも、同じことを強要してしまいまして・・・。反省です)。で。 捨てると、確かに、スッキリするんですよね! で、あれを体験すると、物を買う時に「結局、捨ててしまう、ってことないよね???」ってものすごく慎重になりませんか? でも、確かに、どこか自粛しすぎてしまうと、あとで、「暴走」してしまいがちなので、要注意ですね!
「フランス人は・・・」の本は、あまりに流行っていて、「読まなくてもいいや」と、天邪鬼な私は、手に取ることすらなかったんだけど、fujikoさんの解説を読んでいたら、ものすごく読みたくなりました(笑)。ありがとう!
2148. fujiko   URL  2015/12/11 17:14 [ 編集 ]
☆chocotto*さん☆
chocottoさんも「捨てるものはないか徘徊する」
経験あるんですねー!
這いずるまくる、ほんとそんなかんじで。
ゴミ袋がいっぱいになると満足って、いいような? あれ?なんだ?
ってかんじだよねー(^ー^;)。
実家にも強要、うちは旦那さんの実家がすごいから
言いたいー!! でも言えない・・・ってジレンマですよ。
スッキリするのにぃ・・・。

物を買うの慎重になる、きっといいことですよね!
前にしたお皿の話。
割れたら買う、もしくは買うならいらないのを
処分する、ってわが家も一緒ですー(^ー^)。
買うのもたまにはガマンせず、衝動買いして
「買っちゃったー!」ってむふふも楽しいしねー。

「フランス人は・・・」の本は、立ち読みで気になるタイトルのところだけ
立ち読みでも十分かも!
本屋で見つけたらさささっと見てみてねー♪
管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
http://fujiko0707.blog.fc2.com/tb.php/366-1b09b327
プロフィール

fujiko

Author:fujiko
洋裁や日々のこと


☆ブログ掲載写真の無断使用は
 お断りさせていただいて
 おります☆

最新記事
最新コメント
最新トラックバック

月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム

RSSリンクの表示
リンク