白コンビシャツ

教室で白いブラウスを作りました。

IMG_8393.jpg
フラダンスで着るTシャツっぽいブラウスをイメージ。


白×白なのでよく見ないと分らないのですが
白ニットと白レースのコンビ使い。
_DSC0727.jpg
レースはこの時のハギレ、ニットは教室で購入したもの。


前身頃は肩から5cm入ったところ、
_DSC0732.jpg

後ろ身頃は肩から10cmくらい入ったところにレース生地を。
_DSC0731_20170831115636462.jpg


襟ぐりも袖もニットでバイピングする予定でしたが
レース生地に変更。
袖もバイピングではなく、
4cm幅の布を半分に折って2cm幅にくっつけてみました。


このパターン、前身頃の脇にダーツがあります。
「ニットでダーツですか?」お初だったので先生に聞いてみたら
「そうよ。ニットでもダーツ。」


確かに胸のトップがちゃんと立体的になって
ゆったりした形だけどすっきりです。

製図も縫うのもシンプルなので
1レッスンですべて完成♪
フラダンス用に、と思ったけど私服でも活躍しそう。


前に作ったCIELのプルオーバーとイメージ似てるかな?
_DSC0075_201506071342202c4.jpg

このプルオーバーも とても着やすくてこの夏大活躍。
裁断済みのものがあるので 秋までに縫いたいな〜。


それにしてもハギレってば。
思わぬ時に活躍するものですね。
すっきり断捨離してしまった後に
「あぁ。。。とっておけばよかった。」ってなることもあったり。

ハギレの在庫って悩ましい〜。。。




水色刺繍のブラウス

8月の洋裁教室。
水色刺繍の生地でブラウスを作りました。

_DSC0726.jpg
布:日暮里繊維街にて  パターン:教室にて製図


女の子(少女)の洋服? 
ってかんじの可愛らしい雰囲気に完成してしまいましたが
わたくしが、着ます!(^ー^;) オーバー40ですが頑張ります。笑 


生地は日暮里で買った刺繍の布。

_DSC0733.jpg

花びらに濃淡のグラデーションがあって立体的です。
先生曰く、きっと糸も後染めだね〜とのこと。


裾で切り替えてギャザー。後ろ身頃もシンプルです。
_DSC0734.jpg


刺繍の模様を考慮して脇ダーツを前身頃の裾(ギャザーじゃない上の裾)
に2本移動しています。 拡大してよく見ないと分らないかな?
_DSC0729.jpg


今回ギャザーをやり直してなるほど〜だったんですが、
最初、中心にギャザーを寄せて脇はギャザー寄せなかったんだけど
先生が「お腹の中心にギャザーだと太って見えるよ!」とのこと。
お腹周りはギャザーを均等に寄せた方がスッキリ見えていいそうです。
逆に胸周りのギャザーは、均等に寄せると胸がだらーんと広がって
太って見えるから中心で寄せて脇は寄せず、がいいんだとか。
トップが高く見えるメリットもあり!
(服のデザインや生地にもよると思いますが)
_DSC0731.jpg

既成の型紙だとギャザー止まりの印があるから考えたことなかったけど
ギャザーで服やスタイルの印象が変わるだなんて
なるほど〜でした。



そして今回、失敗がかえって成功に転がったことがあって。


それは 後ろファスナーにしようとしていたのに
後ろ身頃を「わ」で裁断してしまって(>。<)
仕方なく脇ファスナーに変えたこと。

_DSC0738.jpg _DSC0739.jpg
ホック、この時点では付いてませんが このあと付けました。

タイトなシルエットだったので開きなし、かぶりはさすがにムリ。
後ろをファスナーにする予定だったけど、
んー? 横ファスナーで正解じゃない?

後ろにファスナーあるより、後ろ姿もスッキリだし
横ファスナーの方が 脱ぎ着もしやすい!

ということで、失敗が成功に転がりました。



コンシールファスナー付けはいつも「ギリギリにつけて!」と
千本ノックのように 先生に何回もやり直しを命じられるんだけど
今回は1回で「いいんじゃな〜い?♪」とOKいただきました。
先生の「いいんじゃな〜い?♪」をいただけると
すごく嬉しいです。(滅多にいただけないので・・・^ー^;)



ああ。 どうしよう。どうしよう。
可愛いの作ってもうた!

下は白? ネイビー? ベージュ?
合わせる物に迷って着画はまだ撮ってません(^ー^;)。

が、着心地とても良いです。
タイトなシルエットだけどタイトすぎず。
布があまってだぶつくこともなく。
本当にピッタリで気持ちがいい。


暑さが復活してきたので たくさん着たいです♪



☆つぶやき☆
 お盆も終わって、夏風邪をこじらせていた旦那くんもやっと復活。
 暑くて出歩くこともひかえ気味だし、わたしのミシン時間が増えた♪
 縫い物の神様も降りてきてくれているのか、
 最近ミシン時間が増えています。

 運動も大好きでヨガとかダンスとか。
 そんな発散も楽しいんだけど、
 何だか縫い物ってまたそれとはちがう至福の時。
 黙々と布とミシンに向かう一人の時間。脳がそれだけに集中。
 なんとも言えぬ心地よさに今さらながら
 やっぱり縫い物って楽しいな、と実感しております(^ー^)。

 夏物のシーズンから秋物に移行する時期ではありますが
 あまり季節を気にしすぎず 楽しみたいなー。
 ということで、たくさん縫っていきたいと思います!

 



アラスカ旅行 お土産編

12日間のアラスカ旅行。

帰りはアラスカからシアトルを経由。
Uターンするように もう一度アラスカの大地を見ながら成田へ。

空から見てもやっぱり大きいなぁ〜。
IMG_8069.jpg

「15年間、いつかアラスカへ!」とコツコツ貯金して
夢に見たアラスカ旅行。


終わってしまった今は 念願叶った喜びと感動と少し寂しさと。

でも 自然の力はやっぱり偉大ですね。
いつの間にか心の奥底まで癒されてる自分に旅の途中で気付きました。
いつでも目を閉じれば想い出すデナリの景色。
カヌーから眺めた自然の美しさ。

ずっとずっと心の中にしまっておきたいと思います(^ー^)。


旅ってやっぱりいいな。
いつかまた日常を忘れて こんな冒険っぽい旅をしてみたいです。




さてさて。 アラスカ旅行。
お洒落なショッピングセンターなどは皆無だったので
買い物はほぼ期待していなかったのですが

アラスカっぽいグッズをちょこちょこ買ってきました。


一番のツボがね、カリブーの角! とガラスのカリブー。
_DSC0675.jpg
この角、本物です! 28ドル! この旅行で一番高価な買い物(笑)。

フェアバンクスのダウンタウンのお土産で見つけた時は
旦那くんと二人で「いいね〜!!!」と小躍り。

宿に戻ってスタッフに「カリブーの角を買った!」と自慢しました(^ー^)。
「何に使うの?」って話題で盛り上がり、
「背中がかゆいときにかけるね」
「あっ。それ、日本では孫の手って言うんだよ」
「帰りの飛行機でハイジャックが出たらこれで闘えば!?」
「セキュリティでまず、止められるだろー!(ツッコミ)」

アメリカ人もノリツッコミの文化があるんだ〜!
と何だか面白いかったです。


旅先の土地のものって家に持ち帰ると
何だかちがうなぁ〜。ってことが多いけど
この角は何だかわが家のリビングに馴染んでます。
棚の上でオブジェのように飾っています。 これと一緒に。
_DSC0673.jpg


そうそう、やっぱり本物だという証拠に
ワンコたちがすごく反応。 匂いをかぎまくりでした(^ー^)。
IMG_8234.jpg IMG_8240.jpg


あとは動物グッズをちょこちょこと。
_DSC0660.jpg
クマのノート、カリブーのオーナメント、クマのマグネット


このカリブーのブローチ、目は本物の金が入ってます。
ちなみにカリブーはトナカイです。
_DSC0662.jpg

Tシャツも動物系。(くしゃくしゃ〜汗)
_DSC0779.jpg

アラスカ鉄道でもお買い物。ワッペンと
_DSC0665.jpg

これはアラスカ鉄道のUSB。 アイデア面白い!
_DSC0667.jpg

食べ物はアラスカ特産のもの。
スモークサーモン、バーチシロップ、アラスカコーヒー
_DSC0700.jpg

キッチングッズもスーパーで。
キッチンタオルと赤い取ってのは林檎カッターです。
きっと包丁の方が早いってわかってたんだけど、どんなもんか使ってみたくてついつい。
_DSC0698.jpg

あとね、スタバのアラスカ限定のボトル。
アラスカっぽいイラストがとても可愛いくてお気に入り。
_DSC0694.jpg


そしてこちらは デナリ国立公園で買ったドリームキャッチャー。
羽も石もデナリで採れたもの。
パワースポットのパワーをわが家にも!
リビングの扉にかけています。
_DSC0703.jpg


どれもプチプライスな物ばかりだけど
都会で高価なバックや洋服を買うよりも
何だか嬉しくて思い入れがいっぱいです。


家の所々に飾って旅の想い出を振り返りたいです(^ー^)。



何回にも分けて綴ったアラスカ旅行。
これで本当におしまいです! 長かった〜!


忘れたくないこと、感じたこと。
ブログに残すことでまた想い出すことができて嬉しいです。
長々とお付き合いくださった方、 本当にありがとうございました!


また日常ブログに戻ります。
水色刺繍のブラウスが1枚完成してるので
近々アップしますね(^ー^)。 

また よろしくお願いします。


アラスカ旅行 フェアバンクス編

旅の最終目的地はフェアバンクス。


旅行中、ずっと朝から晩まで出歩いていたのだけど
やっとゆっくり寝坊できる最終日。


とてものんびりしたコテージに宿泊。
IMG_7966.jpg

コテージの建物自体の写真は撮り忘れたけど
部屋沿いに川が流れていてお散歩の遊歩道があります。
IMG_8059.jpg

この日は特に予定は入れないでのんびりしよう!

と決めていたので


森を抜けてテクテク歩いてスーパーに買い物に行ったり
スーパーの様子は追記に書きますね

面白いなぁ。車社会のアラスカ。カフェのドライブスルーがあるの。
IMG_7964.jpg

あとレンタサイクルもスマホで簡単に借りられる。
IMG_7963.jpg
公共の乗り物が少ないから自転車が便利なのかも。



午後からはクルーズ船のツアーに。

IMG_7972.jpg

IMG_7975.jpg

観光は冬のオーロラがメインなフェアバンクス。
夏の観光といえば、このクルーズ船が人気らしい。
予約がいっぱいと聞いていたのだけど、当日電話したらラッキーにも
「2人ならいいよ!」とのことで乗船。

チナリバーをゆっくり進みます。
_DSC0567.jpg


川沿いには豪邸が並んでいます。

「ここは○○さん宅で、○○さんのお仕事は○○で
 このお家はおいくら万円で。。。」
と個人情報ダダ漏れな豪邸見学が続いたり(^ー^;)えーっ!ってびっくりした。
_DSC0566_2017082212575116c.jpg


犬ぞりのデモンストレーションがあったり

_DSC0570_201708221257532d4.jpg


「ムースがいます!!」

_DSC0573.jpg
って、それ野生ちゃうやん!飼育しとるやん!な
ツッコミどころ満載なムースを見学したり(笑) その横をボートが走る・・・笑


その昔、サーモンはこうやってさばいてスモークしてましたよ、
っていうデモンストレーションを見たり。
_DSC0576_20170822125756bf5.jpg


船から降りて上陸したアサバスカ族の村では


毛皮製品のデモンストレーションを聞いたり
_DSC0584.jpg


クマ、カリブー、ムースの剥製を見学したり
_DSC0608.jpg


_DSC0579.jpg

_DSC0589.jpg

クマの爪、すっごく硬かった!
日本でも至る所でクマが出没してるけど
この爪で引っ掻かれたらと思うと本当に怖い〜〜(>。<)。


そうそう。船上から見たムースもここにいました。
やっぱり飼育されとるやん!(笑)
_DSC0609.jpg


ここでね、外国人(40才くらいの男の人)に声をかけられたのです。

「ヘイ、ガイズ! 荷物は見つかったのかよ?」(^ー^)って。


なんと、彼。
私たちの荷物がデナリ国立公園でなくなった一部始終を見ていたらしく
(その時のことはこちら
ここフェアバンクスで再会。

そういえば、ずっと見ていた人がいたなぁ。



「その後どうしたのかな?って気になってたんだ!
 見つかったの? よかったねーーー!♪」


「Have Fan!!」 (楽しんで!)



知らぬ間に見ず知らずの外国人に心配されていたんですね(^ー^;)。


 
そうそう。「Have Fan!」っていう英語。
アラスカ滞在中、本当にたくさんこの言葉をよく聞いたなぁ。
ニコっと笑って「Have Fan!」


短くて。でも気持ちが伝わって。いいなぁ。




ツッコミどころ満載なツアーではありましたが(笑)
のんびりしたかった私たちにはぴったり。

景色を眺めたり フェアバンクスの歴史を勉強したり。



そして夜ご飯は船の上からも見た川沿いのレストランへ。

IMG_7977.jpg

IMG_8052.jpg

シーフードチャウダーが絶品!
IMG_8028.jpg


メインのステーキ
IMG_8029.jpg

ハリバット(日本でいうおひょう)
IMG_8026.jpg

トッピングで付けた
マッシュルームやシーフードリゾットもかなりのボリューム。さすがアメリカ!
IMG_8024.jpg IMG_8025.jpg


ずっと曇っていた空も
IMG_8039.jpg

段々晴れてきて
IMG_8041.jpg

最後には綺麗な夕焼け空。
IMG_8047.jpg


旅の最後をしめくくるのにぴったりな天気。


フェアバンクスは人もすごくあたたかくて
コテージのスタッフのお姉さんは日本大好き! 日本語を勉強中!とのこと。
スーツケースに入れておいた日本の雑誌(LEE)を
プレゼントしたら ピョンピョン飛び跳ねて喜んでくれて
何だかこっちも嬉しくなったり(^ー^)。


旅の最後がフェアバンクスで本当によかったな♪





スーパーの買い物、すごく楽しかったので追記にのせておきますね。
興味のある方はよろしかったら!



今回で最終回の予定でしたがお買い物編を忘れておりました(^ー^;)。
よかったら次回 お買い物編もごらんくださいませ。


続きを読む »
アラスカ旅行 デナリからフェアバンクスへ

アラスカ旅行 8日目。

旅も終盤。 
この日はデナリ国立公園から最終目的地のフェアバンクスへ。 
ここまで来ると何だか旅の前半の記憶は遠い昔のよう。



カンティシュナを朝6時半に出発。

IMG_8137.jpg
お世話になったHさんご夫妻、ガイドさんと記念にパチリ。



来る時と同じバスの旅。
_DSC0527.jpg


朝のデナリはとても穏やか。
_DSC0528.jpg

ムースの群れを見ました。

「お尻向けてないでこっち向いて〜〜!」って思ってたら
_DSC0515.jpg

振り返った!(笑) キリンみたいな顔でした。
_DSC0514.jpg


崖ぎりぎりの道を帰りも。 やっぱりドキドキです。
IMG_7885.jpg

IMG_7886.jpg

でもこの崖を超えたところの景色は最高。

IMG_8091.jpg

シーカヤックをした時のガイドのお姉さん。
数年前にデナリ国立公園を訪れた時のことをこう語っていました。
「Still in my mind」(今もわたしの心の中に)
目をつむってうっとり。

本当に、そんなかんじ。
目を閉じると 浮かんでくる素晴らしい景色。

わたしも大切に心にしまっておきたいです。



その後も 山肌を登るドールシープが見れたり
_DSC0539.jpg

親子のクマを見れたり。


サファリパークみたいに車にのしかかってくる、
みたいなことは全くなく
あくまで野生の動物たちの生活を遠くから
そっと静かに観察させていただく。


雄大な自然と動物たち。
ずっとこのまま 守られていくといいなぁ。

8月下旬には紅葉が始まって大地は真っ赤に。
動物たちも冬眠前により活発的になるんだとか。

紅葉の季節も綺麗だろうなぁ〜。また来たいなぁ。

と思いながら デナリでの旅は終了。

IMG_7875.jpg



デナリ国立公園駅から旅の最終目的地に向かいます。

IMG_7909.jpg

IMG_8175.jpg

アラスカ鉄道で4時間。
IMG_7924.jpg

川沿いをしばらく走って

ツンドラの大地を抜けて。
_DSC0562.jpg


実は、以前 8月中旬にもアラスカを旅したことがあるんですが
その時は秋の気配がして 夕暮れは霧が立ちこめて
それはそれは幻想的な景色。
その景色をまた見たいな、と思っていたのだけど
今回は本当に夏! 曇っていても日が暮れない、パッキリ夏!!ってかんじ。

アラスカ、1ヶ月でこんなに季節が違うものなんだなぁ〜。面白い。


IMG_8177.jpg

IMG_8176.jpg

旅の最終目的地 フェアバンクスに到着!
木でできている駅舎。骨組みも面白いです。


冬はオーロラが見えることで有名なフェアバンクス。
アンカレッジやデナリより もっとのんびり のどか。



フェアバンクスでの最後の1日はのんびり過ごしました。


フェアバンクス編へ続く。

(アラスカの旅、次回で最終回です)長かった〜^ー^;




アラスカ旅行 カンティシュナ バイク&カヌー

デナリ国立公園、カンティシュナ滞在2日目。


ロッジの中庭には
リスがよく遊びに来て松の実をかじかじ。
人間に慣れているのか、小首をかしげて見つめてきたりして
とてもキュート。
IMG_7771.jpg

たまにお客さんのチョコレートを盗むこともあるそう(^ー^)。


ロッジに宿泊している15組。
今回はイギリスから2組、インドから1組、
日本から2組、アメリカ本土から10組。
アメリカ本土からの人たちも、聞けばアラスカまでの
飛行機は乗り継ぎで14時間とか 日本からと変わりなく、
アメリカって本当に大きいなーとびっくり。

そしてそして。日本から2組と書きましたが
私たち以外にも日本人がもう1組いました!
旅のベテランご夫婦(Hさん)。
ガイドさんを伴ってアラスカを飛行機で移動されているそう。
一緒に食事をしながら世界中を旅した話など 色々聞かせていただいて
とてもよくしていただきました。


そんなカンティシュナでの滞在。
2日目は朝からバイク(自転車)! 
この日は夫くんと二人で自由行動をしました。

雲多めながら、晴れの天気。
IMG_7779.jpg

IMG_8009.jpg
ここは平坦な道ですが、実はアップダウンがものすごい!

下り坂で勢いつけて〜〜! その勢いのまま上り坂もこぎ抜ける! の繰り返し。
段々バイクの乗り方もマスターしてきました。

IMG_7784.jpg
ワンダーレイク沿いを走ります。
今にもクマが出てきそうでビクビクしながら。


この日もデナリ山(マッキンリー)がチラリ。
雲と雲の間に小さく。

_DSC0452.jpg


そしてデナリ山がちらりと見えたこの地点。
なんとキャンプ場があるのです!
ロッジとかじゃなくてテントの本当の野宿!


野生のクマやオオカミがいるのでかな〜り怖そうだけど 
きっとここでのキャンプは格別だろうな〜。
どんなキャンプ場なのか見学したかったのだけど
さらに急勾配の下だったので断念。


ここからUターンしてロッジへ戻ります。
往復5マイル(8km)のサイクリング。
結構いい運動。 というか、へろへろ〜(^ー^;)。



でもでも、疲れたからといって休んでる間はありません!


ロッジに戻って、午後からはカヌー。
さっき自転車で通ったワンダーレイクです。

IMG_8003.jpg
思いっきり内股・・・(笑)。

ワンダーレイク、水が澄んでいてとても綺麗です。
IMG_7817.jpg

IMG_7813.jpg


空が青くて 風がさわやかで。とても静寂。
心が浄化されていきます。
IMG_7815.jpg


IMG_7850.jpg

同じカヌーでも、ウィッティアでやったシーカヤックより
のんびり、のどか。


私たちのカヌーのすぐそばにカモの群れが。(実際はもっともっとたくさん)
_DSC0471.jpg


_DSC0474.jpg

日本でも見慣れた光景ではあるんですが
ここデナリ国立公園ではとても貴重な光景。


デナリ国立公園には公園奥地まで
宿泊者以外にもシャトルバスが出ていて、
動物や鳥が出て来ると運転手さん(兼ガイドさん)が
バスを止めて案内してくれるんだけど
この光景をしばらく観察していました。



何だか 不思議。

自然って人間の心を浄化する力があるんですね。
何だかすーっと心が軽くなるのを感じました。

_DSC0483_20170813205832828.jpg

そして脱デジタルな時間は五感がとても冴えて来ます。
そして 小さなことなどどうでもいい、と思えるように。


もしかして、初日になくなった荷物。
見つからないままここに来ても、
それはそれで大丈夫だったかもしれないなぁ〜(^ー^)。




その日の夕飯の報告会。

ハイキング初級に行った人たちは大きなムースに遭遇したそう!羨ましい〜!

そしてハイキング上級に挑戦した少年(高校生くらい)のスピーチが
自信に満ち溢れていて 目もキラキラで
オチもしっかりあって、笑いできちんとしめくくり。
あぁ。子供の頃からスピーチ慣れしてるアメリカ人はすごいなぁ。。。
きっとこういう子たちがアメリカ社会のトップにのぼりつめるのねぇ。
と、感心しきりだったり


そうそう! ラウスさんがいたのですよ!!
アラスカ鉄道の車内で一緒だったラウスさん!

箱根の地獄谷を「gi gyo gu gani!」言っていたおじさん。

偶然にもここでもご一緒だったのです。
イギリスから奥さんと旅している彼。
とてもお話好きで
彼の旅した日本を地図で確かめながら
色々とお話しました。
次回は桜の季節に日本に来たいんですって!



たどたどしい英語で何とかコミュニケーションをしながら
カンティシュナ滞在最後の夜はふけていく〜。
ここでもやっぱり白夜。 夜が長いってのんびり、いいものです。



カンティシュナ最終日→フェアバンクス  に続く。








アラスカ旅行 カンティシュナでハイキング
アラスカ旅行紀 カンティシュナ編です。


デナリ国立公園。
カンティシュナでの宿泊はノースフェースロッジ。


IMG_7761.jpg IMG_7857.jpg

カンティシュナには宿泊施設が4つしかなくて
そのどれもがホテルではなく、こじんまりとしたロッジやキャンプキャビン。
わたしたちのロッジも15部屋しかなくすぐに満室になるので
1年前から予約しました。

2017.08.09追記
ちなみにこのロッジ、金曜日からの3泊か月曜日からの4泊
または7泊の長期滞在型って日程が決まっています。
7日間滞在の人はさすがに少なくてほとんどの人が
金曜日からの3泊、月曜日からの4泊なので
同じメンバーでずっと過ごします。


夏が短いアラスカ。 
夏を楽しむかのようにお花がたくさん飾られていました。
IMG_7853.jpg

IMG_7856_201708061709252a3.jpg


部屋の中もこじんまり。
_DSC0434.jpg
入ってすぐにベットが2つ。
あと机が1つとバスルームがあるのみ。

お部屋がこじんまりな分、
中庭には憩いのスペースがあって
皆で集って会話を楽しんでいるかんじ。
IMG_8022.jpg


食事は15組が一緒に食堂で。
食事の時間になると鐘が鳴って全員集合。
毎回自分の名前の札のあるテーブルを探します。
「色んな人とコミュニケーション取ってね!」

「そして皆の前で自己紹介や1日の報告会もあるよ!
 スピーチ頑張ってね!」
とかなりコミュニケーション能力が問われました(^ー^;)。


ちなみに わが家は旦那くんが
初日に荷物がなくなったネタで笑いを取っておりました。
荷物、なくなってよかったんじゃない?(笑)
などど私は横で思ってみたり(^ー^;)


ここのロッジ。
宿泊料金に食事とアクティビティがセットになっていて
滞在中は ハイキング、釣り、カヌー、自転車・・・
色々と自由に楽しめる仕組みになっています。


初日はハイキング。(初級・中級・上級の中から中級を)


天気予報は曇りのち雨。 曇り空からのスタートです。
IMG_8020.jpg

しょっぱなから結構な斜面を登ります。
実はハイキングは初めて。中級を選んでよかったのだろうか。かなり不安です。


昨日、バスから見た景色。
いつクマが出てもおかしくない場所に自分がいるのが不思議。
IMG_8016.jpg


ここの地面はツンドラ。
IMG_7724.jpg

スパンジーツンドラとガイドさんが言ってました。(スポンジ状のツンドラ)
IMG_7732.jpg

スポンジみたいに踏むとフカフカ。
スポンジみたいな、ってスパンジーって言うんだ。面白いな〜。
いちいち勉強になって面白いです。

そしてこのスポンジ状のツンドラを踏んだ時の感触が
何だか不思議で今でもあのフカフカが足に残ってます。


そんなツンドラの隙間に小さな植物が。赤い実が可愛いです。
IMG_7731.jpg

こちらはブルーベリー。クマが好んで食べます。
IMG_7734.jpg


ツンドラを抜けると今度は腰丈ほどのブッシュをかきわけて。
IMG_7735.jpg

空が段々明るくなってきた!


植物を観察したり山を眺めながら歩くこと30分。


ガイドさんが腰をかがめて「し〜っ!(静かに)」

「マーモット!!」
_DSC0440.jpg


岩の上にマーモットが!

マーモットって私はあまり知らなかったのですが
リス科マーモット属に分類される動物。
山岳地帯に多く生息しているそうです。


私たちが見ている前で岩の上で
お腹を出してごろごろ昼寝したり のぺ〜と伸びてみたり(^ー^)。
大サービスのマーモット。

「うちにも同じのいるね〜。(愛犬の花丸)ふふふ〜♡」

と癒されまくりました。


お天気は急速に回復。

_DSC0450.jpg

IMG_8015.jpg

マーモットと山の景色を見ながらランチ。
(ランチはロッジで自分たちでサンドイッチを作って
 持参しました。)


晴れたり 曇ったり 雨が降ったり 雷が鳴ったり。
山の天気はころころ変わります。
_DSC0446.jpg

ロッジで「今日の天気予報は?」
って聞いたらどのスタッフも 「んー? わかんない!」


えっ?? って一瞬びっくりしたけど
テレビやインターネットがないから情報がない。
じゃあ、情報をどうにか手に入れるか?
というと そうではなくて、


山の天気は予測が全くつかない。
さっきまで晴れていたかと思うと急に空が暗くなって
大粒の雨や雷が鳴ることも。


テレビやインターネットの天気予報なんて
全く当てにならない。


その時 空を見上げればいいんだ。


都会に住むととかく情報を集めて
先のこと、先のことを考えがち。


テレビやネットがない脱デジタルな時間。
そういうことなんだなぁ〜。。。
とぼんやりそんなことを考えていました。


ランチ後も歩く歩く歩く〜♪
IMG_7759.jpg

IMG_7782.jpg


山歩きの楽しみ=植物観察 なんだなぁ〜。
ハイキング、何だか楽しい。
日本に帰っても趣味にしたくなってきました。


ハイキングの終点はワンダーレイク。

IMG_7756.jpg

とても静寂な時間。
「5分間、誰も口を聞かないで。静かにしよう」

静かな穏やかな5分間。


風の音。 鳥のさえずり。 ただそれだけ。
都会ではなかなか味わえない貴重な5分。


カンティシュナでは本当にのんびり時間が過ぎていきます。
脱デジタル、体がのんびり自然にかえっていくかんじ。



結局この日のハイキングで歩いた歩数は3万歩!
景色を見たり、お花を観察したり。
英語がネイティブでない私に皆、
とてもゆっくり優しい英語で話しかけてくれたり。


自然の豊かさ、人の優しさに感謝した1日。


カンティシュナ、日帰りにしようか迷ったけど
滞在して本当によかった! プライスレス!




カンティシュナ2日目に続きます。










ビックシルエットシャツ

旅行紀の途中ではありますが 
久しぶりの洋裁ネタを。


5月に写真左のシャツを作ろうと買っていたC&Sのパピエ。

IMG_7209.jpg

教室でワンピースシャツを作りました。

_DSC0626.jpg

_DSC0627.jpg
袖はまくった方がバランスがよいのでまくって。

まくらないとこんなかんじです。

_DSC0624.jpg

後ろ姿もとてもシンプル。
_DSC0623.jpg

裾にはスリットが入っていて、(ちょっとシワシワしてますね)
_DSC0621.jpg

見返しで処理しました。裏から見るとこんなかんじです。
_DSC0656.jpg

先の矢印っぽい形(↑)、気に入ってしまいました。
三つ折りで縫ったり、ロックミシンして折り返すより
すっきり仕上がるから今度またやってみようかな。


矢印っぽいといえば、短冊の先っぽも矢印に。
縫い付けずにピョンっと浮いたかんじに。
_DSC0616.jpg
バッテンのところとか もうちょっと綺麗に縫えるといいなぁ〜。
しつけをかけたらしつけがずれた・・・(>。<)。
先生「こういうところは待ち針がいいのよ」だそうです。
ハリがある生地なので縫い直すとポツポツと針穴が残っちゃいそうなので
これでよしとします。


着画はこんなかんじ。
_DSC0721.jpg

もっとビックシルエットでもよかったんだけど
製図の時にこれくらいのルーズ加減がおすすめとのこと。

ブカブカがみっともない年齢になりつつあるので
これはこれで すっきりでいいのかな?(^ー^)



この布、5月にC&Sのお店に行った時に
chocottoさん、kokoさんに一緒に見てもらいました。
「海のブロード」「コットンローン」「パピエ」の中から
ハリ感と雰囲気から「パピエ」に。
やっぱりパピエにして大正解!

かちっとしすぎず、でもパリっとしてて
イメージにぴったりに。

やっぱり縫い友と一緒に布を選んでもらうと心強いです。
相談にのってくれて ありがとう〜(^ー^)。





アラスカ旅行 カンティシュナへ

滞在5日目。

この日はデナリ国立公園の奥地カンティシュナへ。

IMG_7971.jpg

デナリ国立公園は四国と同じくらいの面積の広大な公園。
公園入り口からカンティシュナへはバスで7時間ほど。
その目的は壮大な景色と野生動物の観察。
動物はグリズリーベアー、オオカミ、ムース、カリブー(トナカイ)
ドールシープ(羊)、ホッキョクギツネなど37種類が生息しています。


宿泊先のロッジからお迎えのバスが来てくれます。
12:30のバスの集合時間まで
朝ご飯を食べたり荷物を預けたりのんびりな朝。

この日の朝食はチキンブレストとワッフル。(夫くんはハンバーガー)
IMG_7676.jpg

_DSC0394.jpg

この日もいい天気。気温は昨日ほど暑くなく23℃くらい。
ちょうどいいかんじ。



しかし、こんな爽やかな朝から
一気に大パニックな1日がこの後 始まるのです。。。


バスの集合場所はデナリ国立公園駅。
ここデナリの荷物の移動、ちょっと変わっていて
荷物が人と同時に動きません。
人は人で移動し、荷物は荷物で別のバスで運ばれます。
「駅までお願いします。」と預けたわたしたちの荷物(スーツケース)。

駅でさて、私たちの荷物は? 
と探すも忽然と荷物がなくなる!!!


集合時間がせまっているというのにーーー。


駅のスタッフに聞いても知らない。
ホテルに聞いても知らない。
バスのスタッフに聞いても知らない。

誰も知らないーーー(涙)。


バスの運転手さんに事情を説明して
次のバスに遅らせてもらってる間も
夫くんが必死に探して 色んな人に手を尽くしてもらっても
1時間以上見つからず・・・(滝汗)。


これから3日間。
公園奥地の秘境。
お店なんか全くない。
ロッジしかない秘境で身一つで3日間。。。

「化粧ない」「着替えない」「とにかく何もない」


そんな状態で出発。(出発したんかい!)笑


でもね! やっぱりこの旅行 何かに守られているのかも。
出発して5分したところで。

「荷物あったよーーーー!」とバスの運転手さんに連絡が。
ホテルに放置されていたらしい。。。(ー。ー)


ほっとして泣きそうになった私たちに隣の外国人が
「Life is beautiful again♪」
とウィンクしてくれて本当に泣きそうになったー。

よかったよー(涙)。



ということで長くなりましたが荷物をバスに乗せてもらって
無事に出発です。
出発前にどっと疲れました(笑)。


デナリ国立公園。スポットがいっぱいありまして
出発してすぐにある入場チェックステーション。
(公園保全のため許可を取った車のみ入場できます)
_DSC0551.jpg

ここにあるインディアン・ロック。
インディアンの横顔に見えることから名付けれています。
_DSC0552.jpg
公園の入り口に近いところですが、もうここはグリズリーベアーのテリトリー。

バスはこんなかんじ。
スクールバスのような小さなバスに30人くらいで乗ります。
運転手さんがガイドも兼ねていて みんなで動物を探しながら。
IMG_7901.jpg

IMG_7704.jpg


途中でサンクチュアリー・リバーでランチ休憩。
IMG_7680.jpg

ロッジのスタッフが用意してくれたピクニックランチ。
IMG_7687.jpg

ピクニックランチ、ビュッフェスタイルになっていて
好きな物をそれぞれ選ぶ形。
スモークサーモンやドライフルーツ。パンとチーズなど。
川を眺めながらのランチ。
そして、ここもムースやグリズリーベアーの生息地。
いつ出会うかも分らないのでドキドキです。

7時間のバスの旅。
いくつものスポットで写真撮ったり(カリブーの角を付けて写真)
_DSC0428_201708031611459dc.jpg

間近にムースを見たり!
_DSC0412_20170803155957e41.jpg

バス1台がやっと通れる崖を通るのはドキドキ。
IMG_7889.jpg

IMG_7895.jpg

雄大な景色の前に言葉を失います。
IMG_7693.jpg


例えていうならば、360℃パノラマな大自然の中に
ポトン!と落とされたかんじ。


大自然のスケールに圧倒されっぱなし。


セーブル・パスというポイントでは
親子の3頭のグリズリーベアーが遊んでいて
お母さんが子熊を転がしてて 可愛かったー♡
(双眼鏡でやっと見える大きさ。
 彼らの生態をそっと遠くから観察させていただく、というかんじ)


バスの旅も終点に近づいた頃。


ワンダーレイク越しにデナリ(マッキンリー)が!
IMG_7717.jpg
雲と同化してますが、真ん中にちょこんと。



7月は雨が多いデナリ。
実はこの日の天気予報は曇りのち雨。
天気予報が外れて青空も見えたし、デナリも!(ちょこっとだけども)


荷物も無事に見つかったし
この旅行、本当に何かに守られているかのようです。



これからここカンティシュナで3日間。
テレビもない、ネットもつながらない、
通信手段は電話のみ。
そんな時間を過ごします。旅行前からかなり楽しみでした。



カンティシュナ編へ続く・・・。



☆荷物の真相☆

今回のわたしたちの荷物。
なぜ、ホテルに放置されていたかというと・・・
デナリの観光シーズンは夏がメインで
ほとんどのホテルが6月から9月の3ヶ月しか営業していません。
そこで働くスタッフたちも3ヶ月だけデナリにやってくる人たち。
(軽井沢みたいなかんじかな?)
初めてデナリに来た!っていうスタッフも珍しくなく、
デナリ国立公園奥にカンティシュナという場所があることを
知らないスタッフも多い。
今回、わたしたちがカンティシュナに行く、というのも
「カンティシュナ? 何それ? どこ?」
みたいなかんじで 分らないからとりあえず
荷物は放置されていたらしい。。。

荷物を預けたのは夫くんだったので
全責任が夫くんにかかったけど(^ー^;)
そういうことだったので、仕方がないです。
出発にギリギリ間に合ったし よかったよかった。


でも、実は秘境での何もない3日間に途中から
興味が湧いてしまって
「何もない3日間もありかも。究極のシンプルだわ〜。どんなん〜?」
なんてワクワクしてしまったのは内緒(笑)。
ちなみに夫くんは
「オレ、あのヘアワックスがないと絶対にムリ〜〜。」
と涙目になり女子のようでした。(^ー^;)


アラスカ旅行 デナリ国立公園

デナリ国立公園駅に到着した4日目。

IMG_7660.jpg


翌日から公園の奥地カンティシュナに3日間滞在するため
初日は公園入り口付近のホテルに滞在。

マッキンリー・シャレー・リゾート
私たちが泊ったのはCOTTON WOODというロッジ。
_DSC0379.jpg

広い敷地にロッジがたくさん建っていて
敷地内はシャトルバスが走っているほど広い。
_DSC0396.jpg

レストランやお土産屋さんも。
IMG_7672.jpg

ロッジの周りは遊歩道になっていて
_DSC0378.jpg

_DSC0389.jpg

木漏れ日の中には
_DSC0395.jpg

こんな可愛いリスも♪
_DSC0388_20170803145456364.jpg


目が合うと、普通逃げますよね?
ところが目が合うと タタタタッ!と近づいて来て
小首をかしげながらクルクル回ってみたりするのです。
「写真撮れば〜?」って言ってるかんじで可愛い(^ー^)。


何だか デナリ国立公園、入り口からすでに
自然に満ち溢れてます。


小道を行くと
_DSC0393_20170803145723f7e.jpg

ネナナ・リバーにつながっていて
_DSC0392.jpg

ラフティングを楽しむ様子も。
_DSC0391.jpg
時間があったらラフティングやってみたかったなぁ。

山々の景色と。
動物と。川遊びと。
デナリの自然に一気に癒されます。


デナリは年間を通して涼しく
夏でも20度に満たない日が多い。しかも7月は雨が多い。
と聞いていたのですが、到着した時の気温は28℃!
半袖でも暑い〜!ってかんじ。


山を見ながらのウッドデッキでの夕飯が
気持ちよかったです。


翌日はバスに乗って8時間。
公園奥のカンティシュナを目指します。




プロフィール

fujiko

Author:fujiko
洋裁や日々のこと


☆ブログ掲載写真の無断使用は
 お断りさせていただいて
 おります☆

最新記事
最新コメント
最新トラックバック

月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム

RSSリンクの表示
リンク