ガウチョパンツ

久しぶりにミシンに向かう時間ができたので
ガウチョパンツを作りました。
今までもたくさん作ってきたウエストゴムの簡単ガウチョ。
_DSC0251.jpg
布:アパレル布
パターン:洋裁教室にて製図



去年作ったこのトップスとセットアップで。
_DSC0263.jpg

ポケット部分の柄合わせがぴったんこ〜♪
なんだけど、履いちゃうと全く分らないという・・・(^ー^;)。
_DSC0273_20170522071119486.jpg


着画はこんなかんじ。
_DSC0314.jpg _DSC0326.jpg

上も下もたぽーん。ゆるゆるな雰囲気です。
どっちかはスッキリにした方がいいのかなー?
でもこれはこれであり??


最近の洋裁は手持ちの服に合わせて作ることが多い気がします。
過去にも「作ってみたもののコーディネートに苦労する」
という服もいっぱいあったので。
作ったらすぐに着れてヘビロテできる。
これが理想だなー。

でも「作りたいー!」って一目惚れして黙々と、
っていうのも楽しいんだよな〜。

ミシン時間をもうちょっと増やしたい今日この頃〜。



☆おまけ☆

わたしの母も洋裁(主にパッチワーク)が趣味で
ネットで検索して色々小物を作るのですが
先日もらって「へ〜!」だったもの。

リバティのハギレで作ったくるみボタンにゴムを通したもの。(写真ピンぼけですみません)
これね、ミシン糸とボビンをセットにするものなのです。

_DSC0231_20170522072413926.jpg


これまで使っていたボビンキャッチャー。(↓青いの)
とても便利なんだけど、何気に高い。5個で400円とかする。

_DSC0232.jpg

そのボビンキャッチャーと同じ役割をしてくれるのです。
使い方はとても簡単!
ボビンに乗せてゴムを通して
_DSC0239.jpg

ミシン糸の穴に通して
_DSC0240_20170522072417203.jpg

ゴムでくるん。
_DSC0241.jpg

ミシン糸とボビンがセットされます。

リバティとミシン糸の色を合わせても〜♪
_DSC0242.jpg

ゴムカタン糸(ゴムが入ったミシン糸)とくるみボタン。
両方とも100円ショップで手に入ります。
_DSC0243.jpg

くるみボタンを作るのが面倒なら普通のボタンでも!
_DSC0244.jpg

これで「あら、このボビンはどのミシン糸かしら?」
ってことがなくなる♪


☆おまけのおまけ☆


ミシン糸ってきちんと巻いたつもりが
巻けてなくて糸がぐちゃぐちゃになることってありませんか?

マスキングテープで端っこをとめてみたらすっきり〜。

_DSC0247_20170522072424835.jpg

_DSC0250.jpg


知床・釧路の旅

GWが終わったばかりの先週のこと。

北海道に旅行に行ってきました。
IMG_7004.jpg
下に見えるのは日高山脈。

女満別空港からめざすは知床。

途中、斜里町の「天に続く道」

_DSC0061_2017051600193468e.jpg
長い冬が終わって春が来た!って景色。


北海道はやっぱり大きいですねー。
車を運転しても運転しても景色がずっと同じ!
広大な畑を1時間ドライブし、

ウトロの街でお昼ご飯。やっと海に出た!
IMG_7011.jpg


ウトロから先の景色は白樺の原生林。
もうそこは世界自然遺産の知床です。
_DSC0074_20170516001936e5f.jpg

_DSC0077_2017051600193731d.jpg
途中、キツネやエゾシカを見ました!

今回の旅で1番楽しみにしていたのは「知床五湖」の散策。
原生森とそこに暮らす野生動物たちの躍動を
間近に観察することができます。
そして、その野生動物の中にはヒグマも!
特に5月は活動が活発になるのだとか。

ヒグマに遭遇した時のレクチャーを受けていざ出発。

こんな遊歩道から続く森の中へ入って行きます。
_DSC0079_20170516003518bec.jpg
ヒグマにこちらの存在を知らせるために手を叩いたり
「パオパオ!」と声を出したりしながら。

木の切り株をクマと間違えてしょっちゅうびびる旦那くん。
「パオパオ!」「パオパオ!」うるさい〜(笑)



水芭蕉が咲いている森を抜けて
_DSC0088_2017051600354791c.jpg

_DSC0090_201705160035490a5.jpg

二湖
_DSC0108_2017051601021079f.jpg

一湖
_DSC0131.jpg

_DSC0137_20170516003236c40.jpg

_DSC0144_20170516003238262.jpg

_DSC0153_20170516003238fb2.jpg

360度パノラマの景色。

本当に静寂で鳥の声しか聞こえません。
雄大、壮大な景色、写真で見るより実際は10倍美しいです。

ヒグマには遭遇しなくて よかった〜。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

2日目

阿寒湖のホテルに泊って、2日目は摩周湖へ。

_DSC0178_2017051601082725f.jpg

「霧の摩周湖」と呼ばれますが この日は晴れ。
ちゃんと見えました〜。

やっぱり北海道はスケールが大きい。
湖全体がフレームにおさまりきらない〜。

そして車で2時間。
向かったのは釧路湿原。
ちょっと曇ってきたけど こちらでも散策を。
_DSC0213_201705160108308a8.jpg

_DSC0200.jpg
ここでもキタキツネに遭遇。

_DSC0214_201705160108318ca.jpg
静かな森の中にも春〜。


〆は釧路で炉端焼き。
IMG_7089.jpg
囲炉でじっくりおばあちゃまが焼いてくれて
美味しかったなぁ〜。

(運転担当の旦那さんも飲むためにレンタカーを釧路駅で返却。
 釧路駅からはバスで釧路空港へ。
 心置きなく飲めてよかった!)


1泊2日でぎゅぎゅぎゅ!と濃密な旅。
知床の大自然を楽しんだり 野生動物に遭遇したり。
大満足な旅でした。

わたしたちが旅した2日間は貴重な晴れ間の2日間。
前後はずっと雨だったみたいなので
お天気的にも本当にラッキーでした。

は〜。癒されました! やっぱり自然って素晴らしい!



☆おまけ☆

今回のホテルは阿寒湖の「カムイの湯ラビスタ阿寒川」
_DSC0173_20170516012842e39.jpg
阿寒川沿いに建っているので、
フロント横のラウンジからも
_DSC0169_20170516012841ff7.jpg
お部屋からも
_DSC0168_20170516012840262.jpg
部屋に付いてるお風呂からも
_DSC0164_20170516012838582.jpg
川の景色を楽しめます。
夜はタヌキものぞきに来ました。

料理も懐石料理でゆっくり楽しめたし
温泉にものんびりつかれたし。

次回はいつか紅葉の季節にこの地を訪れたいな。
紅葉、綺麗だろうな〜(^ー^)



プロフィール

fujiko

Author:fujiko
洋裁や日々のこと


☆ブログ掲載写真の無断使用は
 お断りさせていただいて
 おります☆

最新記事
最新コメント
最新トラックバック

月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム

RSSリンクの表示
リンク