個性的なウールでコート

1月に日暮里で買ったイタリア製の個性的なウール。

_DSC0082_20170126134151054.jpg

「柄がにぎやかだからトップスだとうるさい?」
「やっぱりスカートかな〜?」 と
洋裁教室の先生にリクエストしたら、

「えーっ! そんな面白い柄、スカートにしちゃうなんてもったいないよ!
 ストールとか羽織ものにすれば?
 だって、ほら体に巻き付けてごらん?」
って言われて巻き付けたらば、確かに。
ゆらゆら揺れるととても可愛い。


でも、ストールって意外と使い勝手が悪い?(わたし個人的には)
おしゃれに巻けないし、コーディネートも難しそうだし
スースー寒いし。結局荷物になっちゃうし。


ということで長くなりましたが 
結局さっと羽織れるこんなコートが完成!

_DSC0016_2017032516170533a.jpg
前ボタン開き。 袖はあえての七分袖。

後ろ姿もとてもシンプル。
_DSC0018_2017032516174829b.jpg
柄合わせは布がギリギリだったので適当に。
でも何となくあってるかんじ?

ポケットも付いてます。
_DSC0003_20170325161745a8f.jpg
このポケット、前にもやった「ステッチの入らない方法」でぷっくり仕上げ。(
(裏返して伸ばしながら縫います。ニットだから縫える方法)
_DSC0002_20170325161743547.jpg

ボタンホールはハト目で。(洋裁教室で開けてもらいました)
_DSC0011_201703251617465b9.jpg

この布、透ける素材なのですが(袖のところ分るかな?)
今回はあえて裏地なしで。 透けて着るかんじで。
_DSC0025_20170325163411afa.jpg

なので、縫い方を色々考えました。
ロックミシンだともちろん透けちゃうし、
袋縫いだと柄のフェルトの部分が厚みがあって袋に入らないだろうし。。。
ということで折り伏せ縫いに。↓脇に線が入ってます。
_DSC0015_201703251632488dd.jpg

裏から見ると布の厚みがある部分はポコンとなっちゃうけど↓
きちんと中に縫い目が入ってるからOK!
こういう生地の時は気にしないことにします(^ー^)。
_DSC0006_20170325163243899.jpg

折り伏せ縫い、裏から縫ってもよくない?と思ってたけど
こういう時 やっぱり表から縫うのが正解なんだなぁ〜と気付く。

裾もロックミシンをかけて三つ折りにして手縫いで。
_DSC0008_20170325163245f23.jpg

なるべく表にステッチが入らないようにしたから
ふんわりした雰囲気になってよかった♪

ロックミシンか、袋縫いか、折り伏せか。
布の特徴とか完成した時の雰囲気とか。
色々作る前に想像するのって、本当に大切だなぁ。
(先生がほとんど考えてくれてるんですけど^ー^;)


レトロな雰囲気のコート。
すごく個性的だけど 実はとても気に入ってます。
_DSC0030_20170325165034819.jpg

「世界に1枚しかないよ、このコート。ふふふ^ー^」
先生の言う通りかも。

上手く着こなせるかな?


ウールだけどすごく軽くて暖かい。
厚手のコートを手放すこの季節にぴったり。

東京の桜は開花したけど
わが家の周りはまだまだツボミ。
早く咲かないかな〜♪


ノーカラーコート&フードストール

1月からのんびりじっくり作っていたものが
やっと完成しました♪

裏地なしのノーカラーコート。
そして フードストール
_DSC0049_20170316151811529.jpg
パターン:アパレルのセールにて
布:日暮里トマトセレクト館


布は1月にkokoさん chocottoさんと日暮里に行った時(☆)
買ったウール。 軽くて柔らかくて暖かい〜。

パターンはアパレルのファミリーセールの片隅で
売られていたもの。
(最近、友人にアパレルのファミリーセールに連れて行ってもらってます。
 写真がNGっぽいのですが、会場のほんの小さな片隅に
 布が売られていて地味なものばかりなんだけどさすがアパレル。
 質は◎〜! そして前回は型紙も売っていたのです。)



まずはコートから。
_DSC0031_20170316152908f2c.jpg

この生地、表がボーダー、裏がチェック。
なので裏地なしでも 裏が可愛い〜。
_DSC0038_201703161529123bf.jpg

ポケットは大きなパッチポケット。
_DSC0032_20170316152909ea9.jpg

肩はドロップショルダーで袖は2枚袖。
_DSC0037_20170316152910e80.jpg

大きなボーダーだし〜♪
余裕と思いきや、柄合わせに結構気を使いました。。。


そしてそして、フードストール!
コートとはくっ付いていない、独立したものなんです。
パーカーとストールが一体化された形。
_DSC0005_20170316153502979.jpg _DSC0008_20170316153500962.jpg

こんなかんじになります。
_DSC0085_201703161535040b2.jpg _DSC0023_201703161535027a7.jpg

フードストールなしだとすっきり。
_DSC0024_20170316153503463.jpg

着画はこんなかんじです。

_DSC0067_20170316153907409.jpg _DSC0069_201703161539094b5.jpg 

_DSC0055_20170316153904e9f.jpg _DSC0061_20170316153906593.jpg

前姿はフードストールなしの方がすっきり。
後ろ姿はフードストールありの方が好みだな〜。


無地で作るとコートとフードストールがもっと
しっくりくるのかな?
でもこの布の面白さ(表地ボーダー、裏チェック)もいかせて
これはこれでありかな?


のんびりゆっくり作っていたのは
絶対に満足のいくコートにしたかったから。
先を急ぐと絶対失敗しちゃうから〜。
説明書を何度も読んで先を想像しながら(失敗を防ぎながら)作ったから
何だか大満足です。 季節もぴったり。
今ちょうど活躍しそうです。(花粉は付きそうだけど〜)笑

すごく気に入っちゃいました!
また無地でも作りたい♡


☆自分用memo☆

柄合わせを気にするあまり、「わ」で裁断せずに
1枚1枚裁断していたら やってしまった。
見返し。左右対称でとらないといけないのに同じ向き〜(涙)。
生地が足りなくなってしまった時の裏技? 
下の方(下から2段目の焦げ茶)で継ぎ足し。
(無地で柄合わせがなければ足りたのになぁ。。。)
_DSC0042_2017031615524794e.jpg _DSC0044_20170316155246bea.jpg
1枚1枚裁断する時は気をつけよう。



☆おまけ☆

この型紙、決してお安くなかったので
(コートとフードストール合わせると洋裁本2冊買えちゃいそう)
買おうかすごく迷ったのだけど、買って正解!

サイズはざっくりなのにぴったり。着心地がとても良いです。
(今回のはMサイズ 9〜11号)
すっきり綺麗に見せるためのテクニックが満載で
とても参考になりました。

これは裾の生地の厚みをスッキリする縫い方。
_DSC0002_20170316155247d71.jpg
クリックして見てみてね〜。

他にも見返しのひかえ方とか
本とかで見たことのないテクニックがいっぱい。
きっとそういうプロのテクニックってあるのだろうな。
「プロのテクニック集」という本を出して欲しいなぁー。
セットアップのフレアースカート

前回のチョコレート色の生地。
ブラウスとセットアップでスカートを作りました。
いたってシンプルなフレアースカート(裏地付き)。

_DSC0006_20170303114626f3e.jpg
布:アパレル生地
パターン:オリジナル製図


後ろ側にコンシールファスナー。
_DSC0011_20170303114629922.jpg
タックは前も後ろも4本ずつ。
ベルトは初め3cm幅にする予定が間違えて2cm幅に。
でも2cmの方がバランス的には正解だったかも。(2.5cmでもよいかも)
_DSC0009_201703031146270de.jpg

ヒップ寸法に合わせてタックが入っているから
シルエットが自分にぴったり。
気持ちがいい反面、少しでも太ると変なシワが寄るので
「あっ。太ったな。」と分ります(笑)。


この間のブラウスと合わせるとこんなかんじ。
ちょっとしたお出かけにぴったり。
_DSC0013_2017030311463023e.jpg

モコモコウールのコートと3つ合わせて着ることは
多分ないけど 3つで写真撮ってみました。
色のテーストバッチリ◎〜。
_DSC0015_20170303114632cf3.jpg

もう3月だし 一気に春物に移行したいところですが
日暮里で買った春にも着れそうな冬生地があるから
もうちょっと頑張ります♪ 3月初旬には縫い終えたいー!


☆最近買った洋裁本☆
_DSC0001_20170303114710fe4.jpg
誌上パターン塾 2冊
 
スカート編は大分前に発売されてたんだけど
今回スカートを縫ったらやっぱり製図したスカートは履き心地がいいな〜
ということで購入。
パンツも開きの縫い方とか詳しくのってるので良さそう!

洋裁本、春には続々と発売されるのかな?
どんどん増えていくから吟味して買いたいと思います。
でも本屋で見てると欲しくなっちゃうのよね・・・(^ー^;)。


プロフィール

fujiko

Author:fujiko
洋裁や日々のこと


☆ブログ掲載写真の無断使用は
 お断りさせていただいて
 おります☆

最新記事
最新コメント
最新トラックバック

月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム

RSSリンクの表示
リンク