Vネックプルオーバー


関東地方、昨日はやっと晴れましたねー!

3週間ぶりくらいに晴れたので、
完成していた洋服をやっと写真に撮ることができました。

_DSC0010_20160925173654ce9.jpg
パターン:Vネックプルオーバー小 「大きな服を着る、小さな服を着る。」
布:藍染めリネン



布は日暮里で買った藍染めリネン。
サルエルパンツ()を作った時と同じもの。
本と全く同じようなブルーです。


同じ本から作ったフレアープルオーバー()がとても気に入ったので
このVネックプルオーバーも作ってみました。


襟ぐりの開き具合もデコルテの見え方もとても綺麗!
(かがんでも胸元が見えないし、ブラ線が横から・・・もなし)
あとね、肩から続くフレンチスリーブ的なラインもとても素敵。
ただ、脇はがっぽり開いているので見えてもいいインナーか
重ね着で着るかんじかな?

そうそう、襟ぐりのところ 後ろ身頃側もVネックでしたが
大きく開いてそうなのでラウンドネックに変更してみました。
デザイン的にはVの方がきっと可愛いけど
お年頃的にはラウンドの方が安心かなーと(^ー^)。


この本、前回のフレアプルオーバーでも感じたんだけど
作り手のことをよく考えていてありがたい〜。
簡単に素早く縫えることよりも
多少の手間がかかっても綺麗に縫えるように、
そっちを優先してある気が。


たとえば、裾のカーブは1周全て見返し処理。

_DSC0007_201609251743483a7.jpg
大体の洋裁本では「縫い代1cmとって 
5mm、5mmで三つ折りで」って書いてあるけどそれだと
カーブが波うってしまって着れたものではなかったりする。。。


見返し処理はちょっとした手間だけど
カーブが波うっていないー♪ これは安心して着れます!
_DSC0002_20160925174348519.jpg


あっ。でもね、脇も見返しなんだけど縫い合わせのところがちょっと難しい。。。
IMG_5363.jpg
見返し付けてから縫い代を割ってステッチ。
簡単そうに思えたけど縫い代がぴたりとはいかず。

縫い代の取り方の問題かなー?
左右、別々の縫い代の取り方してみたんだけど
どっちとも綺麗には縫えず。
コツがあるのかしらー。。。



着画はこんなかんじ。   (身長168cm)
_DSC0031_20160925175218a2a.jpg _DSC0039_2016092517522031b.jpg
裾は5cmほどプラスしてあります。


このブラウス、白とかで作ってもいいかも♪
(来年の夏かな?^ー^;)



☆おまけ☆

時間を置くと変わるのね〜、なこと。


このプルオーバー。完成した直後に気になることがありました。

たっぷりとした身頃なので前身頃のお腹もたっぷり。
生地がダボっとあまってしまうかんじが。

ストンと落ちてくれるといいのにな〜。。。


と思いながらトルソーに着せたまま2週間。


今回写真を撮るために着てみたら、いいかんじにストンと落ちてる!


確かにリネンだからハリもあるし厚みもあったんです。
2週間の間になじんできたのかな?
作ってすぐに判断しないで 洗ってみたり何回か着てみたりで
洋服って変わってくるんですねー。
当たり前のことだけど。


これからは気になる箇所があってもすぐに判断せずに
時間を置いてみようー♪












ネイビーのワンピース

教室でワンピースを作りました。

_DSC0012_201609121449166ef.jpg
布:C&Sオリジナル フランス綾のコットン
パターン:オリジナル製図


前身頃に大きめのタック。袖はドルマンなので
_DSC0016_201609121452089c1.jpg

横から見るとふわっとした立体的なかんじ。
袖は折り返したスタイルに。
_DSC0015_201609121449481dd.jpg

ギャザーは後ろにもたっぷり。
_DSC0019_201609121449499f1.jpg

ウエスト部分、裏返すとこんなかんじになってます。
上と下は型紙は別々になっていて下にギャザーを寄せてから
上下縫い合わせ。さらにウエストにゴムを入れています。
_DSC0002_20160912144945205.jpg
ゴムを通すところはリバティで遊んでみました!

ついでに見返しもリバティ。
_DSC0003_20160912144947708.jpg

表にステッチを入れたくないので
見返しは裏コバステッチ、裾もまつって。

そうそう、小さなこだわり。
ウエストリボンの紐、先は尖らせてみた。
まっすぐとは雰囲気ちがうかなー?
_DSC0020_20160912145211cb5.jpg


着てみるとこんなかんじです。  (身長168cm)

_DSC0041_2016091215032532e.jpg

もう少し丈、長い方がよかったかなー。。。(生地が足りなかった〜)
memo:要尺260cm



このワンピース、すごく気に入ってしまいました♪
今まで教室で作った中で1番かも!

ネイビーの色のせいもあるけど
「カジュアルすぎず」「可愛いすぎず」「かしこまりすぎず」
全てが「すぎない」ちょうどいいかんじ。


白とかベージュでも作りたいなー。
今の季節だったら レンガ色とか茶色とか秋色もいいかも♪
(なのに布山にそんな色はない・・・。布山あるある。。。笑)


ウエストにゴムが入ってるから真夏には暑いけど
春とか秋口にはぴったり。
昨日、会社時代の集いがあったのでさっそく活躍♪


作ってすぐ活躍すると嬉しいですねー。
「来週、○○だわ。着ていくものがないわ。
 何か作って着て行こう。」布山をゴソゴソ。

そんなの理想だなぁ〜(^ー^)。



フリル袖のブラウス

赤いフリル袖のブラウスを作りました。
赤! ちょっと勇気のいる色ですが華やか〜。

_DSC0029_20160902105748ba3.jpg
布:C&S やさしいリネン赤
パターン:スタイルブック2016初夏号コンパクトブラウスをアレンジ


スタイルブックの表紙のものを
教室で自分サイズに製図してみました。
_DSC0006_20160902105821e52.jpg

袖はフリル袖。
_DSC0035_201609021058278ea.jpg

めくるとこんなかんじになってます。中はノースリーブ。
_DSC0032_20160902105825bd4.jpg
写真では分りにくいんだけど、
前も後ろも肩から5cmくらいのところで切り替えてあって
そこに大きなフリルをはさみこむかんじ。
大きいのでそのフリルが袖になる、みたいな。
(肩のところ、ほんの少しだけギャザーを寄せてます)

フリルの型紙はこんなかんじ。
左側が「わ」で肩のところ。下側はメローロック、上側ははさみこむ側。
ちなみに本ではこのフリル、長方形の布にギャザーを寄せて
フリルを出すかんじでしたが
先生が「この方がフリルが綺麗に出るはず!」と切ったり貼ったりでこんな形に。
_DSC0007_20160902105822473.jpg

教室の業務用のマシーンで縫ったメローロック。
さすが業務用。美しいです〜。(わたしはただ布をマシーンにすべりこませただけ〜)
_DSC0012_201609021058241c7.jpg


このブラウス、製図は複雑だったけど縫うのは意外とシンプル。
(前立てとボタンホールだけちょっと頑張ったけど)


C&Sやさしいリネンの赤。
すごく発色が綺麗ですね〜。顔色がぱっと明るくなる。
「色に負けないようにニコニコしてなくちゃー」なんて思わせてくれる元気な色。

今年の秋は赤が来るんですって!(TV情報)
秋もしばらく暑そうなので活躍してくれるかな?



着画はこんなかんじ。(身長168cm)

_DSC0085_2016090211264882e.jpg _DSC0102_2016090211264843e.jpg _DSC0099_20160902112646b60.jpg
色も形も派手だから勇気いるな〜(笑)。

でも、フリルを取れば普通にノースリーブになるから
いつかシンプルな形にリメイクしてもいいかも♪


☆おまけ☆
 
 旦那くんに、
 「色も赤だし金魚みたいじゃない? ほら、フリフリのある金魚。
  大丈夫かなー??」
 って言ったら、ニヤニヤ笑いながら
 
 「上半身バタバタ揺らしたら
  派手なエリマキトカゲにも見えるよ! 慌てて歩かない方がいいよ。ぷぷぷ」
 だってー!!

 優雅に歩かねば。。。




プロフィール

fujiko

Author:fujiko
洋裁や日々のこと


☆ブログ掲載写真の無断使用は
 お断りさせていただいて
 おります☆

最新記事
最新コメント
最新トラックバック

月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム

RSSリンクの表示
リンク