キットのバック2つ

先週は旦那くんが遅い夏休み。

リビングに布をばーんと広げて、とはなかなかいかず
こじんまり縫えるキットを2つ作りました。


IMG_5118.jpg
パターン:左 力織機ギンガムを使ったワンハンドルバックのキット
     右 たまちゃんのお弁当袋のキット


どちらもC&Sのキット。
左は2回?ほど夏を通り超えてしまったパターン
右は今年の春のもの。


ネイビーのバック。長い間寝かせてしまったけど
早く作ればよかったー!
外布はまいにちのコットン。内布は力織機で織った赤耳ギンガムチェック
硬すぎず、柔らかすぎずで自立っぷりもちょうどいいかんじです。
マチもしっかりしてるからお財布、携帯、ポーチ、文庫本入れても
まだまだ入りそうです。
持ち手と口のところぐるっと1周テープなので持ちやすいし汚れも気にならず。
長さも夏服だったら肩からも下げれるかんじ。
IMG_5154.jpg
夏っぽいバックって思ってたけどネイビーだから
季節を問わず使えそう〜。


そして「たまちゃんのお弁当袋」

あ〜♡ こういう布のチョイスができる人、尊敬しちゃいます。
表はブルー系、裏はホワイト系のパッチワーク。
ボーダー×ストライプ×無地 組み合わせがすこぶる良いわ〜♡
IMG_5159.jpg IMG_5158.jpg

お弁当箱だけじゃなくてスリッパとかも長さ的に
ちょうどいいかも。

ということでジムのシャワー室で使うスリッパ入れに決定。
今までコンビニ袋に入れてガサガサ言ってたので生活感丸出し(笑)。
スリッパ入れひとつで気分上がりそうー♪

あっ。ちなみに。
レシピでは仕上げに両端と底にぐるっとステッチ・・・となってたけど
必要ないかな?と思って省略しちゃいました。




キットって全部揃ってて便利な反面、作らなきゃー!
ってちょっと焦ったり。
でも作り方も欲しいし、可愛いし、で結局買っちゃうー(^ー^;)。

まだ実は家にキットらしきものが5個くらいあるのよねぇ。。。ハハハ。




☆おまけ☆

夏休みは特にお出かけはせず、オリンピックを見てのんびり。
(妻はせっせとジム通い。)

でも美味しい物食べたいね、ってことで夜の神楽坂へ〜。

春にも行ったこのお店の2階へ。
1階のカジュアルで賑やかな雰囲気とは違って
2階はゆったり落ち着いたかんじ。

夫婦ともに食いしん坊&お酒好きなので
メニュー選びから組み合わせから真剣に悩みまくり。
IMG_5148.jpg
イカスミのパスタとトマト&ウニのソース

IMG_5149.jpg
豚肉のロースト

お店の方と食事やワインの話で盛り上がって
「おまけです〜。ふふふ〜。」と
デザートワインをいただいちゃいました。
IMG_5152.jpg
パンテッレリーア島(イタリア)
地中海のシチリア島とアフリカ大陸の間に浮かぶ
小さな小さな島。
そんな小さな島でどういう風に作られてるんだろうなぁ〜。
なんて会話も楽しみながら。


このお店、料理に合うワインをぴったり出してくれるのがすごい。
ワインの情報量もたくさん。きっとものすごい勉強量なんだろうなぁ。
努力してるなー。プロフェッショナルだなぁ。

また 何かのご褒美の時に訪ねたいなー♪





「大きな服を着る・・・」のフレアプルオーバー

今年の夏はお天気がコロコロ変わって
めまぐるしいですねー。


猛烈な暑さが続いたと思ったら1週間くらい涼しかったり。
一気に3つも台風が発生したり。


今日も朝から蒸し蒸しー。


まだ夏は続きそう、ということで夏物まだまだ作ってます!



今年1番お気に入りの本より フレアプルオーバー
_DSC0001_201608231346315ad.jpg
パターン:「大きな服を着る、小さな服を着る。」プルオーバー小
布:アパレル生地 ストレッチコットン


この布、アパレルのセールで買ったもの。
こういう柄って何を縫ってよいやら、って寝かせていたけど
このパターン正解だったかも。布の雰囲気とぴったり。
少しストレッチするのでとても着やすいです。


そして「大きな服を着る、小さな服を着る。」
この本、噂どおりとってもよいですねー!
図書館で借りてじっくり読んだら縫いたいものがたくさんあるので
買ってしまいました。

本のタイトル通り、同じデザインで大きくたっぷり着る服と
小さくすっきり着る服と2通りのっていて
どっちも綺麗に着れそうな予感。
(大きな服ってだぼだぼ加減が難しいけど多分これは大丈夫そう)


このプルオーバーは小さな服バージョンの方。
ちなみに同じデザインで大きい方は七分袖のワンピースタイプ。

プルオーバーなので開きもボタンも何もなし。
後ろ姿もとってもシンプル!
_DSC0012_20160823135230399.jpg


作り方もシンプルだったので
ちょっと細かいところを縫う前に考えてみました。

①襟ぐりのバイアステープ
 この布はストレッチが入っているから共布だとのびちゃう?
 ということで家にあった似たようなグレーの生地で。(この時の
_DSC0009_201608231352282c0.jpg

②袖下と肩は折り伏せ縫いに。
 柄合わせは微妙にずれてるけど、
 この布、きっと後染め? ぴったりは合わなかったので
 地の目優先でこれでよしとします(^ー^)。
_DSC0013_2016082313523163f.jpg

③そして、前後ろ中心、柄のどこをもってくるか。
 これは格子というの?チェックというの?
 線を真ん中にもってくるか、線と線の間をもってくるか?

 小さなことだけど結構迷いました(^ー^;)。
 

今まではとにかく思いつくままに縫いまくってた洋裁ですが
最近は作る前に色々考えながら。

縫うペースはゆっくりだけど
完成した時にそれが正解だと にんまりな今日この頃。

でも そんな悠長なことは言ってられませんね。
夏が終わってしまうーっ!


ということで まだまだ夏物縫います宣言(笑)。



そして着画です。  (身長168cm)
_DSC0017_201608231604198df.jpg _DSC0027_2016082316042057d.jpg _DSC0044_2016082316042272f.jpg
裾を5cm+しました。

このパターン、下を選ばないかも。
テーパードもゆったりパンツもガウチョもどれも悪くないかも。
(かもかもですみません。自信ない・・・笑)


開きすぎず詰まりすぎずなボートネックもいいし
裾のAラインもカーブがゆるやかで縫いやすいし
とても気に入ってしまいました。保存板パターンにしよう♪
あとこの本の中で縫いたいのがまだいくつも。
夏よ、行かないでぇー。。。

夏の終わりはいつもこう。。。笑
ラストスパート頑張ります!


インド綿のプルオーバー

教室でインド綿のプルオーバーを作りました。

_DSC0025_20160812184139f2e.jpg
布:インド綿(近所の洋裁店にて)
パターン:オリジナル製図



柄布なので分かりにくいんですが
肩から5cmくらいのところ、裾まで切り替えがあって
袖がそのままつながっています。(着物スリーブ)
もう少しカーブを丸くしてドルマンでも可愛かったかなー?

_DSC0029_20160812184211bd6.jpg
教室で洋服を作ると「柄合わせは適当でいいよ」がなぜか
うまいこといっちゃう。(遠くから見るとだけど)
これはきっと先生のパワーによるものなんだと思います(^ー^)。

こういう切り替えのある服は無地の方がよかったのかなー?
とか思いつつ、これはこれで好きです♡


袖は袖山にぷっくりギャザー。
_DSC0036_20160812184213910.jpg


この布、3〜4年前に近所で買ったもの。
インド綿の中でもふわふわで透け感を楽しむようなかんじ。
シフォンのような質感なので丁寧に、丁寧に縫ってみました。


ふわふわエアリーなかんじ。

ウエストひものデザインだから
パンツにもガウチョにも合うかなー?
_DSC0047_20160812184215a60.jpg _DSC0067_20160812184217306.jpg

こんな格好ができるのもあと半月くらいかしらー。
でも、ネイビーとか合わせたら夏の終わりもいけるかな?


☆おまけ☆

7月中旬のこと。 教室で納涼会BBQ!
IMG_4826.jpg

これね、先生のマンションの屋上なんです。
(先生はマンションのオーナーさんでもあるのです)

写真には写ってないけど、立派な屋根もついていてラナイのよう。
夜になるとライトも付くのです!

これ、全部 なんと先生のご主人のお手製!
教室の棚も机もご主人がオリジナルでぱぱぱ!と作っちゃう。

先生の洋裁もゴットハンドだけど
その夫もゴットハンドー(笑)。

豆なご主人、羨ましすぎます!


トウモロコシや玉葱の並べ方も几帳面。
これもご主人によるものです(^ー^)。



プロフィール

fujiko

Author:fujiko
洋裁や日々のこと


☆ブログ掲載写真の無断使用は
 お断りさせていただいて
 おります☆

最新記事
最新コメント
最新トラックバック

月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム

RSSリンクの表示
リンク