水玉のチュニックブラウス
桜が咲いているのに ぱっとしないお天気!


気分が何だかどんよりしちゃうのは私だけでしょうか??



アロマキャンドルつけてみたり、
ちょっと懐かしい音楽を聞いてみたり、


気分転換っていいですね。 少し楽しくなってきました(^-^)。





さてさて。 久しぶりに洋裁教室の作品です。



少し季節を先取りして七部袖のチュニックブラウス。
またもや水玉星人です(笑)。
でももう1枚あるのです!水玉で作りたいのが。


胸元ギャザーで後ろ姿もふんわり。
綿ローンなのでさらっとしてて何も着てないみたいに軽い!







胸元のリボン。 結ばないで着るのもいいかも。
(もうちょっとリボン短いほうがいいかな?)

早くこんな洋服を1枚でさらっと着れる
季節がやって来ないかな~♪





布: 綿ローン水玉 日暮里tomato セレクト館にて   パターン:洋裁教室にて製図


胸元のバイピングリボン。
洋裁教室でちょっと面白い縫い方を教えてもらったので
覚書でのせておきます。
(わたしが初めてだっただけで 珍しくないかもです)



①胸元にギャザーを寄せてバイアステープをつける。

画像はクリックで大きくなります。




②リボンになる部分を中表にして真ん中あたりを縫う。


好みでリボンの太さを調節。
わたしは細めにしてみました。

この時、左右のリボンの幅が同じに
なるように注意。


③ループ返しでリボンを表に引っくり返してリボンの端をまつる。



④バイアステープをくるんで縫う。

写真用に適当に待ち針をとめましたが
丁寧にしつけをかけると
綺麗に仕上がります。

このあと、アイロンで整えておしまい。



バイアスリボンの縫い方、
リボン部分だけ先に縫ってバイアスでくるむ方法だと
身頃とバイアステープの寸法が微妙に合わなくて
バイアスが余ってしまったり、逆に足りなくてつってしまったりしてたんですが
この方法だとぴったりの寸法で縫えました。







☆おまけ☆

ただいま洋裁教室は春休み中。
先生は旦那さんと2週間のペルー旅行に旅立ちました。


洋裁教室の先生であり、洋裁ショップのオーナーであり、
テナントが入っている大きなマンションの大家さんでもある先生。
その他にも妻でも母でもばあばでもある。

めちゃくちゃ忙しいはずなのに
「あとは任せた!」とスタッフにポーンと任せて旅に出ちゃう。


いっぱい抱えていると なかなか人には委ねられなくなってしまう。
きっと そういう人が多いと思うんだけど


「仕事なんかねぇ、少し残して出かけるくらいが 丁度いいのよ~!」


ってかっこえぇ~(笑)。  やっぱり先生、大きさがちがいます(^-^)。










ギンガムチェックのシャツブラウス
シャツブラウスを作りました。



ふわっとしてるけど着てみるとすっきり。
このパターン、とても気に入ってしまいました。


大きなギンガムチェックの布。
しわ加工してあって くしゅっとしててさらっとしてて。
C&S自由が丘店で1m500円のお安さにとびついてしまいました(笑)。





胸元もかわいい。 
重ね着をして中のカットソーがちらっと
見えてもかわいいかな~♪





腕をまくって着てもいいし、
さらっとしてるので真夏でもいいかも。


デニムにチノパンにスカートに・・・

コーディネートも楽しそうです。





布:C&S自由が丘店にて ギンガム大    
パターン: Cotton friend vol45 シャツブラウス




☆おまけ☆

こういう2色はっきり違う色の布って
糸は白? ネイビー? って迷ったんだけど




この時のことを思い出して、

こちらに!(白に近いグレー系)


どちらの色にもなじんでしっくり。


先生に教えてもらったことが生かせて
嬉しいです♪












夜桜
神楽坂ってやっぱり魅力的な街かも。




路地裏に入るとこんな雰囲気のある坂があって
何屋さんかな~?ってのぞいてみたくなるお店が並んでる。



昨日のこと。

夜桜を見に行ってきました。


夜桜だったらやっぱり千鳥が淵の桜が見たいな~
って思ったんだけど


一緒に行く旦那ちゃんは、混雑や行列が大嫌いな人。


そんな旦那ちゃんと夜桜を楽しむのには
夜桜の前に美味しい食事とお酒でいい気分にさせちゃえ作戦だ!(笑)


ということで神楽坂へ。



「お店の予約はしたのー?土曜日の夜だよ。混んでるよ。」
って心配する旦那ちゃんに

「なんかね、路地裏にいい雰囲気のお店がいくつかあったはず~」
と適当に答えながらテクテク。


「どこの路地裏? 駅から何分とかって目安はないの??
 もう過ぎてるんじゃない???」旦那ちゃん

「うんうん。 もうちょっともうちょっと~。」私
心の中でうるちゃいうるちゃい・・・(笑)。



と性格が真反対な二人がたどりついたお店



気取らずに美味しいワインと料理を楽しく。 

良心的なお値段なのにサービスや料理のタイミングは◎。
思いがけず美味しいお店を見つけちゃって
旦那ちゃんも上機嫌。 (作戦成功・・・いひひ)



さてさて 本日のメインイベント。 いざ夜桜へ。

神楽坂から千鳥が淵って実は近いんですね~
一本道で15分くらいで歩いて行けちゃう!

しかもほろ酔いで楽しく歩いてるからあっという間。






満開の週末だしかなりの行列を覚悟して行ったのに
行列はないし、それほど混んでもいない。 すごく嬉しい誤算!



満開の桜とお堀と夜景と。
とても幻想的な景色をゆっくり満喫できました。

夜遊びって楽しいな~♪



時間と気持ちの余裕さえあれば
こうやって 何も決めないでその場の雰囲気で~♪

っていうお出かけも意外な発見があったりして
楽しいな!


って旦那ちゃんに伝わったかな~(^-^)。



東京の桜は満開だけど千葉の桜はまだまだこれから。
もう少し桜、楽しみたいです。










&の洋服
土曜日のこと。 
C&S 自由が丘店に 「&」の洋服を取りに行ってきました!
C&Sのネットショップでも予約受付中ですね~。(こちら




宅配でもお願いできたのに
わざわざ千葉から自由が丘まで取りに行った私。
(取りに行く!というのも楽しくてテンションが上がりそうだから)笑


1月にfogで開かれた「&」の洋服展
伊藤まさこさんにもお会いできたし 洋服展も楽しかったし。
でも洋服を注文したその後がさらに楽しかったのです。


写真におさめていないので頭の中で妄想が広がって広がって。
こういう風に着ても素敵かも、とかバックはこれで、とか。
サンダルもいいし スニーカーもいいかも。


すぐに手元にくるより時間をおくって楽しみが増すものですね~♪




わたしが選んだのは こちらの洋服でした。
真っ白なスタンドカラーチュニック



 



たっぷりとした身頃からつながった袖
サイドに入った大きなスリット




着てみるとこんなかんじです。
リトアニアの細番手のリネンなので
軽いしさらさら気持ちがいい!

ばさっと着たいかんじ。




「ナチュリラ」にのってた細ベルトで
ウエストマークした着かたも素敵。

麦わら帽子とサンダルがよく合いそうです。





&の洋服は2枚目。



最近はすごく吟味して買い物をするようになりました。
吟味したぶんだけ大切にして愛着が増します。

こうやって1枚1枚 大切な洋服を増やして行きたいな~♪

(とか言いながらクローゼットの中は
 セールで飛びついた洋服たちが
 あふれかえっているのが現実・・・)苦笑














Merchant&Mills TOP64
Merchant & Mills の パターン、TOP64を
作りました。





前身頃にポケットが2つある形。

仕様書にはポケットのところをぐるっと
四角くステッチ・・・

となっていたんだけど
左右均等にステッチが入れられるか
心配だったのでステッチはなしで。

フランネルの起毛した生地だから
なしで正解だったかな?



今回はじめて Nu: Hand Works さんの生地を使ってみました。

フランネルの生地、質がよくてとても縫いやすかったです。
でもこういうフラットなパターンに水玉ってダメですね~っ。

このパターンは前身頃も後ろ身頃もそれぞれ4枚になっているので
柄合わせがものすごく大変!

カーブになってるところはもうムリ!って諦めたけど
フラットなところさえ合ってればOKかな??




裏地はC&Sのタフタ スモークパープル。

手の甲までくる長い袖はー5cmで。
どこでどう間違えたのか
袖の裏地が短くなってしまって
1番上の写真でも
袖やっぱりつれちゃってますね~(汗)。

表地と裏地、中表で合わせてるんだけど
別々にしてみようかな~。




TOP64。
パーツは多いんだけど作り方はとてもシンプル。


丈をのばしてワンピースで・・・とか
春夏用にリネンで?・・・とか
(このパターンってどんな布がいいのかな~?)


また色々作ってみたいです。




Nu: Hand Works のドットリネンガーゼで
ストールも作ってみました。

ストールにドットってめずらしくてかわいい♪

やばい。 最近ドットにはまってます(笑)。





布: Nu: Hand Works フランネルドットパープル
パターン: Merchant & Mills TOP64

ストールの布: Nu: Hand Works ドットリネンガーゼ ネイビーパープル    











キルティングコート
一気に春めいてきましたね~。

気温も急上昇でぽかぽか。



暖かいのはいいのだけれど

花粉! 飛びまくってますね~(汗)。



今年は花粉の量が多いと聞いて2月に作っていたもの。 


キルティングのコート。 花粉がつきにくいので重宝しています。     


縁取りのメートライン、ダークな落ち着いたネイビーと
この明るいネイビーとですごく悩んだんだけど
明るいネイビーで正解だったかも。 
布のトーンがぱっと明るくなった気がします。




今回はポケット部分の柄合わせ?
(ステッチ合わせ?)も
気をつけてみました。




生地はリバティ「Fenton」のブルーのキルティング。

海外先生の教室で作ったこのシャツと同じ生地。
(こちらはタナローン)

同じ生地でもやっぱり作るものによって
雰囲気がちがって面白いですね~。



キルティングコートを作るとき、一番大変なのはホックの穴あけ。

キルティング+メートライン(縁取りテープ)×2 の
3枚に穴を貫通させないといけないので本当に大変!

目打ちで開けた穴からハサミでぐりぐり・・・って 
失敗しないかドキドキしながら穴を開けていたのですが

今回いいもの見つけました!


ミニポンチ。 6種類の大きさの穴を開けられます。


木づちでガンガンたたくので
木やゴムなど下にしくものが必要です。(立派な穴が・・・)

今まで左右14個の穴を開けるのに1時間以上かかっていたのが
たった10分で簡単に開けることができました。

カシメボタンの穴あけとかにも便利かも。






そしてキルティングついでにバックも。

軽くてやわらかくて持ち心地がいいです。
もっと早く作ればよかったー。

また秋になったらもう1個作ろうかな~♪




花粉は正直つらいけど それも桜が咲くまでだ!(私の場合)

って先の楽しみを考えて何とか乗り切りたいですね~♪




布:リバティ Fenton ブルーキルティング  パターン:C&S 布屋のてづくり案内 キルティングコート

布:リバティ yoshie キルティング  パターン:C&Sおまけレシピ
























ソーイングスペース
 ちょっとさかのぼって年末のこと。

 大掃除のついでにこれまでのソーイングスペースの
 見直しをしてみました。


 それまではダイニングテーブルでやっていたミシン。
 作業のたびに重たいミシンを棚に出し入れしていたんだけど
 それが一番面倒~~~ってことに気付いて


 キッチンの奥のパソコンスペースをミシンコーナーに変更!
 




やっぱりミシンを出しっぱなしにするって楽チン。
(使わないときはカバーをしています)
それまで まとまった時間が取れないと
ミシンに向かう気がおきなかったのに
ちょっとした時間でもできるようになりました。



ロックミシンの下の棚にある箱はロックミシン糸。

使いたいときにささっと下から取れるように。


そしてそれまで使っていなかった「ひざ押さえレバー」。


布から手をはなさずに押さえの上げ下げができるので
カーブや厚手の布を縫うときにとても便利。
何で今まで使わなかったのかしら~っ




IKEAのコード収納BOXも
コードがすっきり収納できて◎~。
ほこりの掃除も楽です。





そして禁断の布山ですが・・・

リビングの収納扉の中に入っています。


ビニール袋に入れて収納。
埃よけの意味もあるけど 何よりこれに入れると
1枚引き出しても布山がドドド・・・と崩れてこないのです(笑)。

白い布 青い布 無地 バック用 リバティや柄もの 
すぐ作りたいもの  と分けてヤル気を上げてます。


ザンゲすべき布山の量なのですが
以前 洋裁ブロガーさんたちが布山を公開していることがあって
みなさんの布山に 「よかった。 みんなストックたくさんあるんだ。。。」と
ほっとしてしまい それ以降もちょっとずつ増え続けています・・・(汗)。



そして 私がミシンに夢中になってる時のワンコたちは・・・

ソファで仲良く熟睡中。

ミシンの音が聞こえると わたしが今日は家にいるんだな。
って安心するみたいです。


本当は一部屋まるまる洋裁部屋!みたいな
アトリエのような空間もすごく憧れるんだけど


こうやってワンコたちの様子を見ながら 夕飯の下ごしらえをしながら
音楽聞きながら・・・

 「ながら洋裁」がわたしには合っているみたい。



ずっとダイニングテーブルしか洋裁できる場所はないって
思ってたけど発想の転換って楽しいですね♪


いいかんじのペースでミシンが進んでいます。














プロフィール

fujiko

Author:fujiko
洋裁や日々のこと


☆ブログ掲載写真の無断使用は
 お断りさせていただいて
 おります☆

最新記事
最新コメント
最新トラックバック

月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム

RSSリンクの表示
リンク