ネイビーのコート

最近の洋裁教室。

せっかく習うのだから、と自分ではできない
少しチャレンジ的なものを作るようにしています。


で、5月から作っていたものがやっと完成!

春秋用のコート。
_DSC0251_20170616110914333.jpg

生地はアパレルのセールで買ったもの。
撥水加工がされているのか、水通しをした時に
水をはじきまくりでした。
レインコートの役割もしてくれそうだから
梅雨時に活躍してくれそう。


デザインは通販雑誌のこちらから。
_DSC0231_2017061611094326a.jpg

こういう置き方をすると分りやすいかな?
身頃は前身頃と後ろ身頃とその間(袖下部分)の3枚仕立て。
ポケットは前身頃側の切り替え部分に付いています。
袖も2枚仕立て。袖口を折り返してチェックの布を見せても着れるデザイン。
_DSC0248_20170616111022fe8.jpg

襟の裏もチェックがチラリ。
_DSC0243_20170616111019365.jpg
台襟付きショールカラー。(写真分りにくくてすみません)
1枚襟ではなく、シャツのように台襟がつく形。
この方が襟が立ってカッコいいのだとか。


そして、そして。
縫い代は全部バイアステープで処理。
_DSC0241_20170616111016250.jpg

じつはこのバイアステープ処理、そんなに大変ではなくて
待ち針も使わずにひたすらダダダ、とミシン。

ネイビーだからかな?アップで写真撮ったら焦点が合わないので文章で説明しますね。

バイアステープはくるみこむ方法ではなく、
最初に5mmでバイアステープと本体布を縫い合わせたら、
くるんで そのまま端を出したまま(くるみこまず)
また5mmで縫いとめる方法。
端は出たままですが、バイアスにカットしているので端が
ほつれることもないし 縫い代を倒してしまえば見えないので
その方がつれずに綺麗に仕上がるとのこと。
(専用のミシンでやると綺麗にできるけど、一般のミシンだったら
 しつけかけるのも大変だし、縫い落としてもガッカリだから
 この方法がおすすめとのこと。
 手でまつるのは気が遠くなるしね〜っ)

確かに、5mmの押さえを使えばすごく簡単にできるし(押せえがなくても大丈夫!)
くるんだが故のねじれみたいな「つれ」もなく綺麗にできるから
今度からもこの方法にします。

そうそう。袖ぐりのところだけは縫い代を倒しても見えてしまうので
くるみこむ方法にしてあります。


今回、ベンツ開きにも初挑戦。 意外と縫い方シンプルだった!
_DSC0245.jpg

_DSC0242_201706161110178cf.jpg


初めてがまだまだいっぱいで何だか楽しいなぁ〜。


手間をかけて作ったけど
「実は自分で作ったの。。。」って思うと
何だか気恥ずかしくて
「大丈夫かな? 平気かな? 作ったっぽい??」って思っちゃう。。。

↑洋裁あるあるなのかなー? みんなもそうなのかな?


けど、自信を持って着たいと思います(^ー^)。

けど、大丈夫かな・・・?笑


個性的なウールでコート

1月に日暮里で買ったイタリア製の個性的なウール。

_DSC0082_20170126134151054.jpg

「柄がにぎやかだからトップスだとうるさい?」
「やっぱりスカートかな〜?」 と
洋裁教室の先生にリクエストしたら、

「えーっ! そんな面白い柄、スカートにしちゃうなんてもったいないよ!
 ストールとか羽織ものにすれば?
 だって、ほら体に巻き付けてごらん?」
って言われて巻き付けたらば、確かに。
ゆらゆら揺れるととても可愛い。


でも、ストールって意外と使い勝手が悪い?(わたし個人的には)
おしゃれに巻けないし、コーディネートも難しそうだし
スースー寒いし。結局荷物になっちゃうし。


ということで長くなりましたが 
結局さっと羽織れるこんなコートが完成!

_DSC0016_2017032516170533a.jpg
前ボタン開き。 袖はあえての七分袖。

後ろ姿もとてもシンプル。
_DSC0018_2017032516174829b.jpg
柄合わせは布がギリギリだったので適当に。
でも何となくあってるかんじ?

ポケットも付いてます。
_DSC0003_20170325161745a8f.jpg
このポケット、前にもやった「ステッチの入らない方法」でぷっくり仕上げ。(
(裏返して伸ばしながら縫います。ニットだから縫える方法)
_DSC0002_20170325161743547.jpg

ボタンホールはハト目で。(洋裁教室で開けてもらいました)
_DSC0011_201703251617465b9.jpg

この布、透ける素材なのですが(袖のところ分るかな?)
今回はあえて裏地なしで。 透けて着るかんじで。
_DSC0025_20170325163411afa.jpg

なので、縫い方を色々考えました。
ロックミシンだともちろん透けちゃうし、
袋縫いだと柄のフェルトの部分が厚みがあって袋に入らないだろうし。。。
ということで折り伏せ縫いに。↓脇に線が入ってます。
_DSC0015_201703251632488dd.jpg

裏から見ると布の厚みがある部分はポコンとなっちゃうけど↓
きちんと中に縫い目が入ってるからOK!
こういう生地の時は気にしないことにします(^ー^)。
_DSC0006_20170325163243899.jpg

折り伏せ縫い、裏から縫ってもよくない?と思ってたけど
こういう時 やっぱり表から縫うのが正解なんだなぁ〜と気付く。

裾もロックミシンをかけて三つ折りにして手縫いで。
_DSC0008_20170325163245f23.jpg

なるべく表にステッチが入らないようにしたから
ふんわりした雰囲気になってよかった♪

ロックミシンか、袋縫いか、折り伏せか。
布の特徴とか完成した時の雰囲気とか。
色々作る前に想像するのって、本当に大切だなぁ。
(先生がほとんど考えてくれてるんですけど^ー^;)


レトロな雰囲気のコート。
すごく個性的だけど 実はとても気に入ってます。
_DSC0030_20170325165034819.jpg

「世界に1枚しかないよ、このコート。ふふふ^ー^」
先生の言う通りかも。

上手く着こなせるかな?


ウールだけどすごく軽くて暖かい。
厚手のコートを手放すこの季節にぴったり。

東京の桜は開花したけど
わが家の周りはまだまだツボミ。
早く咲かないかな〜♪


セットアップのフレアースカート

前回のチョコレート色の生地。
ブラウスとセットアップでスカートを作りました。
いたってシンプルなフレアースカート(裏地付き)。

_DSC0006_20170303114626f3e.jpg
布:アパレル生地
パターン:オリジナル製図


後ろ側にコンシールファスナー。
_DSC0011_20170303114629922.jpg
タックは前も後ろも4本ずつ。
ベルトは初め3cm幅にする予定が間違えて2cm幅に。
でも2cmの方がバランス的には正解だったかも。(2.5cmでもよいかも)
_DSC0009_201703031146270de.jpg

ヒップ寸法に合わせてタックが入っているから
シルエットが自分にぴったり。
気持ちがいい反面、少しでも太ると変なシワが寄るので
「あっ。太ったな。」と分ります(笑)。


この間のブラウスと合わせるとこんなかんじ。
ちょっとしたお出かけにぴったり。
_DSC0013_2017030311463023e.jpg

モコモコウールのコートと3つ合わせて着ることは
多分ないけど 3つで写真撮ってみました。
色のテーストバッチリ◎〜。
_DSC0015_20170303114632cf3.jpg

もう3月だし 一気に春物に移行したいところですが
日暮里で買った春にも着れそうな冬生地があるから
もうちょっと頑張ります♪ 3月初旬には縫い終えたいー!


☆最近買った洋裁本☆
_DSC0001_20170303114710fe4.jpg
誌上パターン塾 2冊
 
スカート編は大分前に発売されてたんだけど
今回スカートを縫ったらやっぱり製図したスカートは履き心地がいいな〜
ということで購入。
パンツも開きの縫い方とか詳しくのってるので良さそう!

洋裁本、春には続々と発売されるのかな?
どんどん増えていくから吟味して買いたいと思います。
でも本屋で見てると欲しくなっちゃうのよね・・・(^ー^;)。


ウール切り替えのブラウス

1月から教室で作っていたものがようやく完成しました!

_DSC0001_20170221115426cca.jpg
布:焦げ茶色はアパレル布のウール 赤いウールは日暮里にて
パターン:教室で製図


七分袖のとてもシンプルなブラウス。
襟ぐりと袖ぐりにウールをつけてみました♪
_DSC0007_201702211202388b2.jpg _DSC0006_20170221120237a99.jpg


焦げ茶色だけだと顔写りが悪そうだったので
赤いウールをくっつけたら あらまぁ、一気に顔色ぱっ!ってかんじ。
このウール、この間作ったウールのコートのはぎれ。
ちょうどよく余っていてよかったー(^ー^)。

_DSC0019_20170221120216289.jpg


裏地がついているとはいえ、シンプルな形なのに
どうして完成まで時間がかかってしまったかというと・・・
犯人はこちら! 後ろファスナー。

_DSC0016_201702211203026bb.jpg
苦労の後が分る? 
何度も縫い直ししたので ちょっとよれてます(笑)。

モコモコウールにコンシールファスナーって要注意ですね〜。
ファスナーを上げる時にウールがからまり
ファスナーが壊れるという事件がありまして 超挫折!

だってね、コンシールファスナーはキワを縫いなさい!
もっとキワよ! もっともっと!
ってことで何度も何度もリッパーでほどいては縫う、の
1000本ノックを頑張ったというのに。
完成してファスナーを閉めようとしたらモコモコファスナーに噛む、
ファスナーずれてぶっ壊れる、
「あら〜。キワを縫いすぎちゃったんだねぇ〜。。。」だって!!キャー。

「モコモコウールのコンシールファスナーはキワを縫いすぎてはいけない」
ということがよくお勉強になりました(笑)。



ゴールが見えなすぎて 丸めてポイ!って初めてしたくなった!

でもしなくてよかった〜♪ 完成したら大満足。
最近 友だちにアパレルのセールに連れて行ってもらうんだけど
この焦げ茶のウールもそこで買ったもの。
アパレルの布ってやっぱり特別な加工がしてあるのかな?
光沢とか布の質感とかすごくいいです。


そうそう、自分用のメモに。

こういうウールで縫うぷっくりいせこみ袖。
袖山の左右10cmくらいのところに
裏にバイアステープをたたきつけるとよいそう。

_DSC0064_20170221121725b91.jpg
よりぷっくり、綺麗な形が出るそうです。
自分で縫うときも憶えておこう。


今はセットアップで同じ焦げ茶色でフレアースカートを製作中。
スカートにもコンシールファスナーが付くけど
こういうウール(モコモコじゃないウール)はキワを縫っても大丈夫なんだそう。
安心して縫いなさい! と言われました(^ー^)。


もう春っぽい雰囲気だけど
2月中に完成したら何回か着たいなー♪


ノーカラーコート

洋裁教室。 
今年最後の作品はノーカラーコートでした!

_DSC0002_20161216120238439.jpg

布は10月に日暮里で買ったウールニット。
IMG_5591.jpg
赤と茶色とグレーがミックスされてる明るい色。


ポケットはパッチポケット。
_DSC0013_20161216120457fab.jpg
表にステッチを入れないで仕上げています。
ニットだからできる技を教えてもらいました。
まず、表に縫い付けて(この時点では表にステッチあり)①
中側からぐいっと半分ひっくり返し、①のステッチの外側を5mmくらいで縫う。
写真撮りたかったのだけど教室だとどんどん進んでしまって。。。
説明分るかしら・・・?

ニットだと伸びるから出来る方法なんだとか。
ステッチが表に出てないから ふっくら仕上がってます(^ー^)。


ボタンはスナップボタンで。
_DSC0015_201612161204589d9.jpg
こういう布だとボタンホールが綺麗にできそうもなかったので
スナップにして大正解!


既製品っぽさを出すためにタグもつけてみました。
(実は隅っこが上手く付けられていない〜。タグ付け、苦手です^ー^;)
_DSC0008_20161216120455ca1.jpg


布がふっくらしてるから
スッキリ着るというより、ゆったり着るかんじ。


細身のパンツとか スカートも合うかな?
タートルと合わせたり首もとにたっぷりした巻物をして
暖かく着たいな〜♪



☆2016年洋裁教室☆

今年作った服は27着。
そのうち13着は洋裁教室で作ったものでした。
洋裁教室頑張った、というより縫うペースがのんびりになったのかも。
(去年、一昨年は教室以外でももっと縫っていた)

この1年、運動も頑張ったのでそちらに時間の配分がスライドしたのかな?

でも その分、作ったものにとても満足していて
失敗が少なくなったかも。
(布とパターンを考えて完成した時のイメージが分るようになってきた気が。
 あと自分に似合う似合わないとか)

 

それを生かして来年はもうちょっと洋裁時間を増やしていきたいなー。
後は家事を上手く回すしかない!(手を抜くとも言う・・・)笑


プロフィール

fujiko

Author:fujiko
洋裁や日々のこと


☆ブログ掲載写真の無断使用は
 お断りさせていただいて
 おります☆

最新記事
最新コメント
最新トラックバック

月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム

RSSリンクの表示
リンク