袖フリルブラウス

ここ数日 夏が戻ってきたような陽気ですね。


実はまだ半袖を縫っていて(えっ?)
やっと完成してほっ。
日中だったら何回か着れそう♪

その服はこちら。 
_DSC0003_201710121202355d6.jpg
布:日暮里トマト セレクト館にて数年前に購入
パターン:洋裁教室にて製図



地味色なんだけど 何だか可愛くて買ってしまったこの布。
年々 地味色が似合わないお年頃になり(笑)、
(顔色が沈んでしまうのよ〜。。。疲れてますか?な顔になる。。。)
何を作ってよいのか ずっと寝かせていたのだけど
今回やっと日の目をあびました。

後ろ身頃はこんなかんじ。
_DSC0008_20171012121017f97.jpg
後ろの開きはループ開きです。

地味色を華やかに見せる作戦。
袖をフリルにしてみました。
こんなかんじです。歩くとふわふわ揺れる〜♪
_DSC0007_201710121209115ca.jpg _DSC0006_20171012120911c40.jpg


袖の型紙はこんなかんじになっています。(縫い代付きです)

_DSC0034_201710121213122a9.jpg
前身頃の脇が小さい部分(☆)にカットされていて
前身頃とその☆を縫い合わせる間に袖を縫い込む。

こんなかんじ。
_DSC0037_20171012121313560.jpg

挟み込んだあと 脇を縫うのはどうやって縫ったのか
記憶にないほど複雑(笑)。

製図って最近慣れてきた気がしてたけど
やっぱりむずかしい〜。
奥が深いですね〜(^ー^;)。


ちなみに洋裁教室で作っている型紙は
原型といわれるもの(上の写真、赤線で書いているもの)に
肩や脇、裾、襟ぐり等々、色々足したり減らしたり
開いてみたり閉じてみたりして作っています。
原型はその人にぴったりなものを作っています。
なので、完成したらぴったりなものができる・・・はず!



着画はこんなかんじです。

_DSC0023_20171012122306792.jpg

袖のボリュームが大きいし、肩が立派で 上半身バーン!! (笑)
ですが、地味色が明るく着れるので良しとします(^ー^)。



やっと洋裁も秋モード。
今は トレンチコートのカジュアル版を作っています。
秋に間に合うように早く作らねば!♪

 
シャーリングブラウス

夏のような暑さが復活していますね。


9月に入っていますが洋裁の気分はまだ夏。
教室で半袖のブラウスを作りました。

_DSC0730_20170911110852214.jpg

布はNANATONEで買っていたもの。
最近、布の取り扱いは少なくなっているみたいですが
NANATONEの布、とても雰囲気があって好きです。

この布もさらっとしているんだけど
独特なしっとりさと光沢があります。
ブルーもパリの子供服のようなニュアンスのあるブルー。


後ろ姿もシンプル、ラグラン袖です。
_DSC0734_20170911111450719.jpg


胸元のシャーリングはゴムを3本入れています。
(見返しを付けて、見返し部分に)
_DSC0731_20170911111605b89.jpg
「下糸ゴムカタン糸のギャザーの寄せ方でもいいんじゃない?」(←この時の)
と思って先生に聞いてみたら、
1周ギャザーにゴムカタンは向かないそう。
「洗濯繰り返すとゴムが切れちゃうよ。」とのこと。なるほど〜。確かに。
ゴムカタンは部分使いが良いとのことです。

そして3本のゴム、きちんと型紙を測って
上・中・下 で長さを変えています。
同じ長さだとデコルテラインに綺麗にそらないし反り返っちゃう、とのこと。
大した差がないように見えて、上は80cm 中は69.8cm 下は59.2cm。
結構な差です。 確かに反り返るな。。。


袖にもゴムでギャザーを。
_DSC0732_20170911111608d4d.jpg 

実はこれってシンプルな縫い方だったんですね!
裾を三つ折りにして間に1本縫って ゴムを通すだけ。
(ゴムを入れる用の穴は最初に三つ折りした時に1cm縫わずに開けておく)
_DSC0758.jpg


このブラウス。実はフラダンスにも着れるように、
と作りました。 こんなかんじかな?

_DSC0765_20170911111609205.jpg

市販のフラダンス用のブラウスって、フラダンス用でしかなくて
普段は着れないので もったいないなぁと思っていたけど
これなら普段も着れる♪

普段はこんなかんじで。
_DSC0748.jpg


前回のブラウスもそうだけど、フラダンス用トップス量産中です。

洋裁やってて よかったー(^ー^)。



☆おまけ☆

今回、シャーリングブラウスを作る時に
色んな本で研究してみました。
シャーリングの方法、色々あるんですね〜。

参考にしたのは この3冊。
_DSC0767_20170911113613ae1.jpg
左:10年くらい前のLEEの付録 伊藤まさこさんのおさいほうBOOK
中:気のきいたいつもの服(今は発売中止になってしまっています)
右:C&S お気に入りをてづくりで

_DSC0769.jpg
左:レースのスモックチュニック
中:シャーリングブラウス
下:バルーンブラウス


伊藤まさこさんのブラウス
今回の私の方法と同じく、長さの違う3本のゴムを入れてます。
(見返しはなく、身頃をそのまま折り返して)
_DSC0772.jpg


この2つは見返しを付けて2cm幅のゴムを1本入れてます。

シャーリングブラウス(見返しが表に見えるデザイン)
_DSC0773.jpg
バルーンブラウス(見返しが表に見えないデザイン)
_DSC0774.jpg


多分、長さの違うゴムを何本か入れてシャーリングする方法は
デコルテにそうようなデザイン、
見返しにゴムを1本入れる方法は
少しシャーリングを立ち上がらせる立体的なデザイン
なのかな?

布の質感とか 着たい雰囲気とかで選べばよいのかな?


何だか本によっても縫い方が色々で面白い。
夏休みの自由研究みたいで なるほど〜って面白かったです。




白コンビシャツ

教室で白いブラウスを作りました。

IMG_8393.jpg
フラダンスで着るTシャツっぽいブラウスをイメージ。


白×白なのでよく見ないと分らないのですが
白ニットと白レースのコンビ使い。
_DSC0727.jpg
レースはこの時のハギレ、ニットは教室で購入したもの。


前身頃は肩から5cm入ったところ、
_DSC0732.jpg

後ろ身頃は肩から10cmくらい入ったところにレース生地を。
_DSC0731_20170831115636462.jpg


襟ぐりも袖もニットでバイピングする予定でしたが
レース生地に変更。
袖もバイピングではなく、
4cm幅の布を半分に折って2cm幅にくっつけてみました。


このパターン、前身頃の脇にダーツがあります。
「ニットでダーツですか?」お初だったので先生に聞いてみたら
「そうよ。ニットでもダーツ。」


確かに胸のトップがちゃんと立体的になって
ゆったりした形だけどすっきりです。

製図も縫うのもシンプルなので
1レッスンですべて完成♪
フラダンス用に、と思ったけど私服でも活躍しそう。


前に作ったCIELのプルオーバーとイメージ似てるかな?
_DSC0075_201506071342202c4.jpg

このプルオーバーも とても着やすくてこの夏大活躍。
裁断済みのものがあるので 秋までに縫いたいな〜。


それにしてもハギレってば。
思わぬ時に活躍するものですね。
すっきり断捨離してしまった後に
「あぁ。。。とっておけばよかった。」ってなることもあったり。

ハギレの在庫って悩ましい〜。。。




水色刺繍のブラウス

8月の洋裁教室。
水色刺繍の生地でブラウスを作りました。

_DSC0726.jpg
布:日暮里繊維街にて  パターン:教室にて製図


女の子(少女)の洋服? 
ってかんじの可愛らしい雰囲気に完成してしまいましたが
わたくしが、着ます!(^ー^;) オーバー40ですが頑張ります。笑 


生地は日暮里で買った刺繍の布。

_DSC0733.jpg

花びらに濃淡のグラデーションがあって立体的です。
先生曰く、きっと糸も後染めだね〜とのこと。


裾で切り替えてギャザー。後ろ身頃もシンプルです。
_DSC0734.jpg


刺繍の模様を考慮して脇ダーツを前身頃の裾(ギャザーじゃない上の裾)
に2本移動しています。 拡大してよく見ないと分らないかな?
_DSC0729.jpg


今回ギャザーをやり直してなるほど〜だったんですが、
最初、中心にギャザーを寄せて脇はギャザー寄せなかったんだけど
先生が「お腹の中心にギャザーだと太って見えるよ!」とのこと。
お腹周りはギャザーを均等に寄せた方がスッキリ見えていいそうです。
逆に胸周りのギャザーは、均等に寄せると胸がだらーんと広がって
太って見えるから中心で寄せて脇は寄せず、がいいんだとか。
トップが高く見えるメリットもあり!
(服のデザインや生地にもよると思いますが)
_DSC0731.jpg

既成の型紙だとギャザー止まりの印があるから考えたことなかったけど
ギャザーで服やスタイルの印象が変わるだなんて
なるほど〜でした。



そして今回、失敗がかえって成功に転がったことがあって。


それは 後ろファスナーにしようとしていたのに
後ろ身頃を「わ」で裁断してしまって(>。<)
仕方なく脇ファスナーに変えたこと。

_DSC0738.jpg _DSC0739.jpg
ホック、この時点では付いてませんが このあと付けました。

タイトなシルエットだったので開きなし、かぶりはさすがにムリ。
後ろをファスナーにする予定だったけど、
んー? 横ファスナーで正解じゃない?

後ろにファスナーあるより、後ろ姿もスッキリだし
横ファスナーの方が 脱ぎ着もしやすい!

ということで、失敗が成功に転がりました。



コンシールファスナー付けはいつも「ギリギリにつけて!」と
千本ノックのように 先生に何回もやり直しを命じられるんだけど
今回は1回で「いいんじゃな〜い?♪」とOKいただきました。
先生の「いいんじゃな〜い?♪」をいただけると
すごく嬉しいです。(滅多にいただけないので・・・^ー^;)



ああ。 どうしよう。どうしよう。
可愛いの作ってもうた!

下は白? ネイビー? ベージュ?
合わせる物に迷って着画はまだ撮ってません(^ー^;)。

が、着心地とても良いです。
タイトなシルエットだけどタイトすぎず。
布があまってだぶつくこともなく。
本当にピッタリで気持ちがいい。


暑さが復活してきたので たくさん着たいです♪



☆つぶやき☆
 お盆も終わって、夏風邪をこじらせていた旦那くんもやっと復活。
 暑くて出歩くこともひかえ気味だし、わたしのミシン時間が増えた♪
 縫い物の神様も降りてきてくれているのか、
 最近ミシン時間が増えています。

 運動も大好きでヨガとかダンスとか。
 そんな発散も楽しいんだけど、
 何だか縫い物ってまたそれとはちがう至福の時。
 黙々と布とミシンに向かう一人の時間。脳がそれだけに集中。
 なんとも言えぬ心地よさに今さらながら
 やっぱり縫い物って楽しいな、と実感しております(^ー^)。

 夏物のシーズンから秋物に移行する時期ではありますが
 あまり季節を気にしすぎず 楽しみたいなー。
 ということで、たくさん縫っていきたいと思います!

 



ビックシルエットシャツ

旅行紀の途中ではありますが 
久しぶりの洋裁ネタを。


5月に写真左のシャツを作ろうと買っていたC&Sのパピエ。

IMG_7209.jpg

教室でワンピースシャツを作りました。

_DSC0626.jpg

_DSC0627.jpg
袖はまくった方がバランスがよいのでまくって。

まくらないとこんなかんじです。

_DSC0624.jpg

後ろ姿もとてもシンプル。
_DSC0623.jpg

裾にはスリットが入っていて、(ちょっとシワシワしてますね)
_DSC0621.jpg

見返しで処理しました。裏から見るとこんなかんじです。
_DSC0656.jpg

先の矢印っぽい形(↑)、気に入ってしまいました。
三つ折りで縫ったり、ロックミシンして折り返すより
すっきり仕上がるから今度またやってみようかな。


矢印っぽいといえば、短冊の先っぽも矢印に。
縫い付けずにピョンっと浮いたかんじに。
_DSC0616.jpg
バッテンのところとか もうちょっと綺麗に縫えるといいなぁ〜。
しつけをかけたらしつけがずれた・・・(>。<)。
先生「こういうところは待ち針がいいのよ」だそうです。
ハリがある生地なので縫い直すとポツポツと針穴が残っちゃいそうなので
これでよしとします。


着画はこんなかんじ。
_DSC0721.jpg

もっとビックシルエットでもよかったんだけど
製図の時にこれくらいのルーズ加減がおすすめとのこと。

ブカブカがみっともない年齢になりつつあるので
これはこれで すっきりでいいのかな?(^ー^)



この布、5月にC&Sのお店に行った時に
chocottoさん、kokoさんに一緒に見てもらいました。
「海のブロード」「コットンローン」「パピエ」の中から
ハリ感と雰囲気から「パピエ」に。
やっぱりパピエにして大正解!

かちっとしすぎず、でもパリっとしてて
イメージにぴったりに。

やっぱり縫い友と一緒に布を選んでもらうと心強いです。
相談にのってくれて ありがとう〜(^ー^)。





プロフィール

fujiko

Author:fujiko
洋裁や日々のこと


☆ブログ掲載写真の無断使用は
 お断りさせていただいて
 おります☆

最新記事
最新コメント
最新トラックバック

月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム

RSSリンクの表示
リンク