裏千葉
前から気になってた千葉駅周辺エリア。
裏千葉マップなんてものもあるのです。

_DSC0003_9892.jpg




同じ千葉県に住んでいても なかなか行く機会が
なかった千葉駅エリア。


行ってみたいな~ と強く思っていると
呼ばれるんでしょうか。


タイミングよくパスポートの更新の時期! 
旅券事務所=千葉駅 ということで
1ヶ月ほど前のこと。 

念願の千葉駅周辺をぶらぶらしてきました。


_DSC0011_9900.jpg

 徒歩で歩いて回れる距離に
 素敵な雑貨屋さんが集まっています。

 古道具とかアンティークとかが多いのかな。





まずは器アダン
10 6 7
日本の各地から集めた素敵な器が並びます。
商品自体もとても素敵なんだけど ディスプレイの仕方や
古道具とかアンティークを使ったインテリアがとても素敵。

ここに住みつきたい気分になります。


そしてアダンさんと同じビル。 お隣のgallery takamine

9 

4 2 3
こちらはデッドストックの器や古道具のお店。
右の写真は戦前に輸出用に作られたお皿。
工場が閉鎖されてそのままの状態で残っていたのだとか。

大きな写真がなくて分かりにくいんですが
色も形も今の時代に普通に使えるとてもシンプルな形。
当時はきっととてもモダンな形だったのでは?
大皿のリムの幅とか厚みとかとても好みで買おうか迷いました~。


そして もうひとつのお店はANDANTE ANDANTE。

5

 こちらはヨーロッパのアンティークが中心。
 洋服や小物、イスなどの小さな家具など。

 お店の中をじっくり何周も見て掘り出し物を
 見つけたくなるようなお店。





他にも何店舗か行きたいお店があったんだけど
残念ながら定休日や臨時休業が重なってしまいました。


また来てね! ってこと?(笑)


買い物袋をぶら下げて、そのままるんるん帰路につきそうになりましたが
慌てて旅券事務所に寄って帰ったのでした。

そうだった、パスポートがメインだった(笑)。


千葉エリア、雑貨屋さんだけじゃなくて カフェやバーも充実。
夜遊びも楽しそうだなぁ~。
涼しくなった頃 また行きたいです。


☆お買い物☆

 gallery takamineにて。

_DSC0038_0072.jpg
  戦前のデットストックのお皿を。
  なんだか長い時を経て
  やっと日の目を見たんだなぁ~
  って感慨深くなります。
  大皿、やっぱり買えばよかったかな~。。。




_DSC0036_0070.jpg
  
  そしてこちらは、ふふふ。洗濯板!
  多分30年前?とかそんなくらいのものらしい。
  木も白っぽくて綺麗だったので清潔感があります。

  木の洗濯板、欲しかったけどなかなか売っていないので
  やっと買えました。
  やっぱりプラスチックとは違う。
  ごしごし、ごしごし。 洗濯が楽しい今日この頃です。







SABI
雑貨屋さんが大好きです。
 
 最近とくに好きなのは高崎(群馬)にあるSABI

  


いつもブログで楽しんでいるそのお店。

写真も文章もシンプルで
すっと心に入ってくるかんじがとても好き。



上の写真は4月に軽井沢に行った時に遠回りして
寄ってきたときのもの。


古いビルの1階にあるSABI。
コンクリート打ちっぱなしな内装も床も
もちろん並んでる商品もとっても素敵だったな~。


ブログそのものの空間でした。


そうそう! 
看板犬?のロッタちゃん(トイプードル)にも会えた♪



蒸し暑いこの季節、SABIはきっと涼やかなんだろうな~。
また行きたいな~。




SABIから連れてきたもの




ずっと欲しかったサイザルのバック。


持ち手が革なのでゴツゴツ痛くない!
色がちょっと地味かな~と思ったけど
どんな洋服にも合うし、
カジュアルにもきちんとにも使えて
夏前から大活躍中~。



天日干し 無添加 の嘉兵衛の番茶

  

葉っぱも茎もそのまま入ってる!

味もとてもしっかりしていて美味しい。
冷たいものばかり飲んでしまいがちなこの季節、
ちゃんと温かいものも飲まなきゃ、と愛飲しています。




☆嬉しいお届け物☆

  先日のこと。
  友人から突然のプレゼント。



去年、センヌキでシュポっと栓をあけて
ビールを飲むのにはまった私。

「今年もシュポっとしてね~♪」 って(笑)。 

嬉しい~~~! ありがとね~!


しかもクール便で!(アハハハー さすが~)



彼女らしい贈り物に
私もそんな気の利いた女性になりたいな~ って
感激しながら シュポっといただきました。


ありがとう! ごちそうさま~!
















cholon
緑あふれるわたしの街。

公園や池があったり
駅までの道も遊歩道のお散歩コース
になっています。


先日 そんな遊歩道でなんともほのぼな光景を
見ることができました。 


クリックすると見やすいかな?


かるがもの親子の行進です。

お母さんから縦一列、10羽くらいかな?
ピョコピョコピョコ........


それはそれは愛くるしかったです(^-^)。







そんな ほのぼのな光景を見たあとに向かったのは
代官山のcholon




ずっと雑貨屋さんだと思っていたcholon。

素敵な雑貨の他にも
オリジナルの洋服を扱っているって
初めて知りました!

シンプルかわいい洋服がいっぱい。
あぁ、ここにギャザーが・・・
この色×この色 素敵・・・

服作りの妄想をたくさんふくらませて帰ってきました。

(cholonのネットショップも色々研究できておすすめ!)




ちょこっとした洋裁グッズも売っていて


ちょこっと残ったハギレはこういうバックを作っておけばいいんだな~
な赤いチェックのバックの中に

布×4  + ボタン×6種類 =2000円


は、なかなかお得な内容。  



ただいま旦那さんのシャツ作りに煮詰まってる私。
(失敗はしてないんだけどゴールが遠い~~~っ)

アイデアを膨らませて休憩中~。



それにしても 代官山ったらキケンな街。
今回は用事の後にちょろっと寄ったんですが
ちょっと寄っただけでも素敵すぎるお店がいっぱい。

私には刺激が強すぎます(笑)。




そういえば、cholon。
6月に蔵前に移転するそうです。(代官山は5/25まで営業)
今度のお店は隅田川沿いで
大きな窓から隅田川が見えるそう。 新しいお店も楽しみ♪
                   ↑見ているだけで楽しい黄色いスカート
    








onnellinenさんへ
最近 行きたいお店がいっぱい。

都内に出た時には足をのばして寄り道をしています。


今回行ったのは onnellinen 。
都営大江戸線の清澄白河駅から徒歩1分の白いお店。

北欧雑貨や色とりどりの毛糸が並ぶ店内は
窓ガラスごしでも温かい雰囲気。


ちょろっとした雑貨を購入。

デンマークの三角の鍋置きは
一辺が10cm。
キッチンでコンパクトに使えて◎。
(もうひとつ大きいサイズもあり)

広島の三角の菜ばしは
ざらっとしたかんじと軽さが
とても使いやすそう。
お値段も263円と素敵。




そして今回わたしをかなりワクワクさせたものがこちら。


ドイツの円形織り機。
もともと子供用に作られているので簡単に
こんなにかわいい織物が作れちゃうんです。 


コースターにしたり、鍋敷きにしたり、タペストリーにしたり。

ネットで下見して発見した時にかなり心が動いたんだけど
すでに作りたい物がいっぱい。 
「買わないぞ!」と決めてたのに
実物を見たらかわいすぎました(笑)。




「今日入荷したばかりですよ!」という
少量の毛糸も1つ157円なので
カラフルに大人買い~。



店員さんと話がすごく盛り上がってしまって
3色で作るといいかも♪ と色々組み合わせて





私はこのお店で「かわいい」という言葉を
何回連発したことでしょう(笑)。


最初に店員さんに「どういう風に何を作れるんでしょう?」

ってお聞きしたとき 最初は
「わたしがこういうのを・・・って言うとそれになっちゃうでしょ?
 何でもいいんです。 オリジナルでイマジネーションを広げて
 作ってください」

って言われて キョトーンとした私。



でも なるほど。 アイデアって広げれば無限なんですよね。
ヒントをたくさんいただいて 創作意欲がすごくて
夢にまで出てきちゃいました(笑)。



「もうすぐ冬も終わりだから急がなくちゃ!」 
と焦ったわたしに

「毛糸じゃなくてもいいんですよ。
 リネンやコットンの糸でも
 夏はかごとか編む糸でも♪」と店員さん。

はぁ~。 アイデアって本当に無限です。


インテリア的にもかわいい~♪








くらすこと
            
                      くらすこと 

    吉祥寺からさらに先にある 「くらすこと」
    ネットショップが中心で月に3日しかOPENしていないお店。
    
    
    
    実際に手にとって見てみたいものばかりだったので
    その3日のチャンスをねらって行ってきました。





    

少し古い1軒屋をリフォームしたお店。



入る前からワクワク。        ワクワク。

                    ↑オノ?にOPENって書いてある!


味のあるフローリング  白い壁  おちついた棚 
店内もとても素敵です。



実際に手にとってみたかったのはこちら。


warang wayan(ワラン・ワヤン)の
ストローかごバック。

バックとしてだけじゃなくて
本とかスリッパとか入れても
インテリアにとけこむかんじ。

他にも店内にはマルシェかごとかワンハンドルバスケットとか
素敵なかごがいっぱい。



そしてこちらも手に取ってみたかったもの。

モロッコの盆パン。 
シルバー好きのわたしにはたまらない色合い。

直火にもかけられる、ということだけど
裏もかわいいくて直火なんてもったいない!
それぞれ絵柄がちがうのだとか。


そして衝動買いで


小久慈焼きのシュガーポットと工房アイザワのおたま。   リネンのキッチンタオル


どれもネットでも買えるものなんだけれど
お店に行くまでのわくわくとか
実際に見たり 手のひらにのせてみたり
大切に家にもちかえったりする

そんなことがとても好きで
遠くても足をのばしてしまう。


雑貨屋さんって色んな気持ちを
みたしてくれて大好きです。








プロフィール

fujiko

Author:fujiko
洋裁や日々のこと


☆ブログ掲載写真の無断使用は
 お断りさせていただいて
 おります☆

最新記事
最新コメント
最新トラックバック

月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム

RSSリンクの表示
リンク