ネイビーのコート

最近の洋裁教室。

せっかく習うのだから、と自分ではできない
少しチャレンジ的なものを作るようにしています。


で、5月から作っていたものがやっと完成!

春秋用のコート。
_DSC0251_20170616110914333.jpg

生地はアパレルのセールで買ったもの。
撥水加工がされているのか、水通しをした時に
水をはじきまくりでした。
レインコートの役割もしてくれそうだから
梅雨時に活躍してくれそう。


デザインは通販雑誌のこちらから。
_DSC0231_2017061611094326a.jpg

こういう置き方をすると分りやすいかな?
身頃は前身頃と後ろ身頃とその間(袖下部分)の3枚仕立て。
ポケットは前身頃側の切り替え部分に付いています。
袖も2枚仕立て。袖口を折り返してチェックの布を見せても着れるデザイン。
_DSC0248_20170616111022fe8.jpg

襟の裏もチェックがチラリ。
_DSC0243_20170616111019365.jpg
台襟付きショールカラー。(写真分りにくくてすみません)
1枚襟ではなく、シャツのように台襟がつく形。
この方が襟が立ってカッコいいのだとか。


そして、そして。
縫い代は全部バイアステープで処理。
_DSC0241_20170616111016250.jpg

じつはこのバイアステープ処理、そんなに大変ではなくて
待ち針も使わずにひたすらダダダ、とミシン。

ネイビーだからかな?アップで写真撮ったら焦点が合わないので文章で説明しますね。

バイアステープはくるみこむ方法ではなく、
最初に5mmでバイアステープと本体布を縫い合わせたら、
くるんで そのまま端を出したまま(くるみこまず)
また5mmで縫いとめる方法。
端は出たままですが、バイアスにカットしているので端が
ほつれることもないし 縫い代を倒してしまえば見えないので
その方がつれずに綺麗に仕上がるとのこと。
(専用のミシンでやると綺麗にできるけど、一般のミシンだったら
 しつけかけるのも大変だし、縫い落としてもガッカリだから
 この方法がおすすめとのこと。
 手でまつるのは気が遠くなるしね〜っ)

確かに、5mmの押さえを使えばすごく簡単にできるし(押せえがなくても大丈夫!)
くるんだが故のねじれみたいな「つれ」もなく綺麗にできるから
今度からもこの方法にします。

そうそう。袖ぐりのところだけは縫い代を倒しても見えてしまうので
くるみこむ方法にしてあります。


今回、ベンツ開きにも初挑戦。 意外と縫い方シンプルだった!
_DSC0245.jpg

_DSC0242_201706161110178cf.jpg


初めてがまだまだいっぱいで何だか楽しいなぁ〜。


手間をかけて作ったけど
「実は自分で作ったの。。。」って思うと
何だか気恥ずかしくて
「大丈夫かな? 平気かな? 作ったっぽい??」って思っちゃう。。。

↑洋裁あるあるなのかなー? みんなもそうなのかな?


けど、自信を持って着たいと思います(^ー^)。

けど、大丈夫かな・・・?笑


タックフレンチブラウス


FU-KOさんの本からタックフレンチブラウスを縫いました。
_DSC0258.jpg
布:C&S オリジナル100そうコットンプリント kukka ストーン地に白
パターン:「毎日着たい、手作り服」タックフレンチブラウス


ハンガーにかけるとタックにシワがよっちゃうけど
置いたらこんなかんじ。ふんわり。
_DSC0266.jpg

前には中心とサイドに2本ずつのタック。

後ろは中心がなくてサイドに2本のタック。
_DSC0265.jpg

本では後ろ開きの形になっていますが
開きなしでも頭が入るので 開きなしで作っています。

このブラウス、タックの折り方が意外と混乱しちゃって
だいぶ前にも縫ってるんですが そのブラウスを確認してみたら
ちがうタックの折り方してた・・・(笑)。
しかもぜんっぜんちがう!
なのに着心地よくてヘビロテしていた、という・・・。
上手い具合に合わせていたんですね(^ー^;)。


見返しのコバステッチは裏コバで。表には見えないようになっています。
_DSC0264.jpg
前回、裏コバだとふかふか浮いてくるかな?と思ったけど
意外と大丈夫だったので 今回も裏コバで。

↑写真の一番左のタック。
縫い目がちょっと浮いてきちゃってますね。
こういうところは針目を細くした方がいいのですね。
縫い直しておこう。 写真撮ったから気付けてよかった!



裁断は前の夏の終わりにしていたこのブラウス。
やっと形にできてよかった〜。
夏の初めからいっぱい着れそう。
_DSC0310_20170608125709321.jpg

想像どおりかもしれませんが着画はこんなかんじ。
_DSC0318_2017060812572924f.jpg

意外とハリのある生地なので裾もふわ〜と広がってます。
前回のはリバティのような柔らかい生地だったから
もう少しおちるかんじだったかな?

これと同じパターンでもう1枚縫おうと思ってたんだけど
もっとハリがある生地。
どうかなー? Aラインっぽくお椀みたいになっちゃうかな??
それはそれで面白いかな?
お気に入りの布だから迷うなー。。。


布の質感で同じ洋服でも色々。
研究みたいで面白いー(^ー^)。


自由が丘へ

先日のこと。


自由が丘でchocottoさんとkokoさんとぶらぶら。
ランチしたり、買い物したり、お茶したり。


その日は確か東京で最高気温30℃! 
カフェでの日差しもキラキラ。を超えてギラギラ。 
でも何だかとっても心地よかったな〜。
IMG_7201.jpg

お互いの近況やら
お裁縫の話やら 笑っちゃう話やら。
 LINEスタンプの話になって
 二人に説明しようとスマホを見せていたら
 ケンカ中の夫に間違えてスタンプを送ってしまうという失態。
 しかもそのスタンプは
 クマが踊りながら「チュッ!」って投げキッスするもの。
 よりによってなんでそんなスタンプ〜〜。
 何だかこっちが折れたみたいな。。。
 間違えだよ!!って慌てて訂正したけど
 出張帰りの夫。
 「バッカじゃな〜い?」ってにやけながら
 甘いものを抱えて帰ってきたので
 結果、よしとします(苦笑)。



大人になって共通の趣味があう友だちが出来て
こうやってリラックスした楽しい時間を過ごせるのって
すごく幸せだなぁ〜。
なんだか昔からの友だちみたいで嬉しいな。
ブログやっててよかった! 



そしてそして今回の戦利品。

「洋裁あるある」

布山があーんなに高く高くそびえたっているのに
いざ作ろうとなると イメージに合う布がない〜〜っ!

ということでC&Sでありとあらゆる白の中から
コットンパピエを購入。
白も色々。透け感だったり柔らかさだったり雰囲気だったり。
お二人に相談できてよかった。心強いです。
IMG_7207.jpg

左側の白いシャツワンピースを洋裁教室で作る予定。
パピエだったらこのシャツに合うパリっと感が出るかなー?
IMG_7205.jpg

あとね、写真に小さく写っているんだけど
chocottoさんが見つけてくれた
フラガールのワッペンを購入。

さっそく「フラダンスのパウスカート入れ」にアイロンでペタン。
(下がゴム、上が巾着になっていてくるくる巻いて
 シワにならないように入れられるの!)
 これは買ったもの。寸法とか作り方が分ったから今度は自分で作ろうかな。
_DSC0232_201706031753024fd.jpg

_DSC0236.jpg

さっそくフラダンス教室で友だちや先生に
「可愛い〜〜♡」と羨ましがられました。 うふふ〜。

ちなみに最近はこんなパウスカート履いてます。
ここにもフラガール。
IMG_4658.jpg

フラダンス始めて1年が経ちました!
音楽も癒されるし、本当に楽しい。


そしてそして。
雑貨屋さんで3人お揃いで買ったもの。

ザル付きのタッパー。
_DSC0238.jpg

_DSC0241_201706031806581ce.jpg
ベビーリーフを洗って冷蔵庫で保存してみたら
みずみずしくてパリっとしててすごくいいのです。
いつもは手でくるくる回して水を切るのを使っていたんだけど
こっちの方が使いやすい。
冷蔵庫からパッと出してすぐに使えるし。洗いやすいし。
しかもこの蓋、のせるだけでピッタリしていないので
それがまたいい。 (ピッタリしてると意外と力が必要。)

お料理上手なお二人とお揃いにしてみて大正解♪


そしてそして こちらはいただきもの。

IMG_7204_20170603181348666.jpg
kokoさんから株主限定のプレミアムビールと
岡山旅行のお土産の桃のマスキングテープ。
chocottoさんからミナのメモカード。

勿体なくて〜。しばらく眺めて楽しもう♡
素敵なプレゼントをありがとう!


お二人に会って 縫いモチが上がってきました〜!
6月は予定をゆったりめにして
ミシン時間を作ったから いっぱい縫いたいな♪


ガウチョパンツ

久しぶりにミシンに向かう時間ができたので
ガウチョパンツを作りました。
今までもたくさん作ってきたウエストゴムの簡単ガウチョ。
_DSC0251.jpg
布:アパレル布
パターン:洋裁教室にて製図



去年作ったこのトップスとセットアップで。
_DSC0263.jpg

ポケット部分の柄合わせがぴったんこ〜♪
なんだけど、履いちゃうと全く分らないという・・・(^ー^;)。
_DSC0273_20170522071119486.jpg


着画はこんなかんじ。
_DSC0314.jpg _DSC0326.jpg

上も下もたぽーん。ゆるゆるな雰囲気です。
どっちかはスッキリにした方がいいのかなー?
でもこれはこれであり??


最近の洋裁は手持ちの服に合わせて作ることが多い気がします。
過去にも「作ってみたもののコーディネートに苦労する」
という服もいっぱいあったので。
作ったらすぐに着れてヘビロテできる。
これが理想だなー。

でも「作りたいー!」って一目惚れして黙々と、
っていうのも楽しいんだよな〜。

ミシン時間をもうちょっと増やしたい今日この頃〜。



☆おまけ☆

わたしの母も洋裁(主にパッチワーク)が趣味で
ネットで検索して色々小物を作るのですが
先日もらって「へ〜!」だったもの。

リバティのハギレで作ったくるみボタンにゴムを通したもの。(写真ピンぼけですみません)
これね、ミシン糸とボビンをセットにするものなのです。

_DSC0231_20170522072413926.jpg


これまで使っていたボビンキャッチャー。(↓青いの)
とても便利なんだけど、何気に高い。5個で400円とかする。

_DSC0232.jpg

そのボビンキャッチャーと同じ役割をしてくれるのです。
使い方はとても簡単!
ボビンに乗せてゴムを通して
_DSC0239.jpg

ミシン糸の穴に通して
_DSC0240_20170522072417203.jpg

ゴムでくるん。
_DSC0241.jpg

ミシン糸とボビンがセットされます。

リバティとミシン糸の色を合わせても〜♪
_DSC0242.jpg

ゴムカタン糸(ゴムが入ったミシン糸)とくるみボタン。
両方とも100円ショップで手に入ります。
_DSC0243.jpg

くるみボタンを作るのが面倒なら普通のボタンでも!
_DSC0244.jpg

これで「あら、このボビンはどのミシン糸かしら?」
ってことがなくなる♪


☆おまけのおまけ☆


ミシン糸ってきちんと巻いたつもりが
巻けてなくて糸がぐちゃぐちゃになることってありませんか?

マスキングテープで端っこをとめてみたらすっきり〜。

_DSC0247_20170522072424835.jpg

_DSC0250.jpg


知床・釧路の旅

GWが終わったばかりの先週のこと。

北海道に旅行に行ってきました。
IMG_7004.jpg
下に見えるのは日高山脈。

女満別空港からめざすは知床。

途中、斜里町の「天に続く道」

_DSC0061_2017051600193468e.jpg
長い冬が終わって春が来た!って景色。


北海道はやっぱり大きいですねー。
車を運転しても運転しても景色がずっと同じ!
広大な畑を1時間ドライブし、

ウトロの街でお昼ご飯。やっと海に出た!
IMG_7011.jpg


ウトロから先の景色は白樺の原生林。
もうそこは世界自然遺産の知床です。
_DSC0074_20170516001936e5f.jpg

_DSC0077_2017051600193731d.jpg
途中、キツネやエゾシカを見ました!

今回の旅で1番楽しみにしていたのは「知床五湖」の散策。
原生森とそこに暮らす野生動物たちの躍動を
間近に観察することができます。
そして、その野生動物の中にはヒグマも!
特に5月は活動が活発になるのだとか。

ヒグマに遭遇した時のレクチャーを受けていざ出発。

こんな遊歩道から続く森の中へ入って行きます。
_DSC0079_20170516003518bec.jpg
ヒグマにこちらの存在を知らせるために手を叩いたり
「パオパオ!」と声を出したりしながら。

木の切り株をクマと間違えてしょっちゅうびびる旦那くん。
「パオパオ!」「パオパオ!」うるさい〜(笑)



水芭蕉が咲いている森を抜けて
_DSC0088_2017051600354791c.jpg

_DSC0090_201705160035490a5.jpg

二湖
_DSC0108_2017051601021079f.jpg

一湖
_DSC0131.jpg

_DSC0137_20170516003236c40.jpg

_DSC0144_20170516003238262.jpg

_DSC0153_20170516003238fb2.jpg

360度パノラマの景色。

本当に静寂で鳥の声しか聞こえません。
雄大、壮大な景色、写真で見るより実際は10倍美しいです。

ヒグマには遭遇しなくて よかった〜。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

2日目

阿寒湖のホテルに泊って、2日目は摩周湖へ。

_DSC0178_2017051601082725f.jpg

「霧の摩周湖」と呼ばれますが この日は晴れ。
ちゃんと見えました〜。

やっぱり北海道はスケールが大きい。
湖全体がフレームにおさまりきらない〜。

そして車で2時間。
向かったのは釧路湿原。
ちょっと曇ってきたけど こちらでも散策を。
_DSC0213_201705160108308a8.jpg

_DSC0200.jpg
ここでもキタキツネに遭遇。

_DSC0214_201705160108318ca.jpg
静かな森の中にも春〜。


〆は釧路で炉端焼き。
IMG_7089.jpg
囲炉でじっくりおばあちゃまが焼いてくれて
美味しかったなぁ〜。

(運転担当の旦那さんも飲むためにレンタカーを釧路駅で返却。
 釧路駅からはバスで釧路空港へ。
 心置きなく飲めてよかった!)


1泊2日でぎゅぎゅぎゅ!と濃密な旅。
知床の大自然を楽しんだり 野生動物に遭遇したり。
大満足な旅でした。

わたしたちが旅した2日間は貴重な晴れ間の2日間。
前後はずっと雨だったみたいなので
お天気的にも本当にラッキーでした。

は〜。癒されました! やっぱり自然って素晴らしい!



☆おまけ☆

今回のホテルは阿寒湖の「カムイの湯ラビスタ阿寒川」
_DSC0173_20170516012842e39.jpg
阿寒川沿いに建っているので、
フロント横のラウンジからも
_DSC0169_20170516012841ff7.jpg
お部屋からも
_DSC0168_20170516012840262.jpg
部屋に付いてるお風呂からも
_DSC0164_20170516012838582.jpg
川の景色を楽しめます。
夜はタヌキものぞきに来ました。

料理も懐石料理でゆっくり楽しめたし
温泉にものんびりつかれたし。

次回はいつか紅葉の季節にこの地を訪れたいな。
紅葉、綺麗だろうな〜(^ー^)



プロフィール

fujiko

Author:fujiko
洋裁や日々のこと


☆ブログ掲載写真の無断使用は
 お断りさせていただいて
 おります☆

最新記事
最新コメント
最新トラックバック

月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム

RSSリンクの表示
リンク